2015年09月13日のツイート

『超高速!参勤交代』 @WOWOW

劇場公開時、面白そうだなとは思ったが見に行かなかった作品。
昼間やるのを、始まる10分前に気付いたので見た。

参勤交代で江戸から戻って、一安心と思った東北の小藩のもとに急ぎ参勤交代せよとの指示が下る。
参勤交代には莫大な費用がかかるし、期限は無茶に短いし、これはどうしたものかという状況を知恵と工夫で切り抜けようとするが、それを妨害しようとする勢力があった。
って感じ。
あまり集中してなくて、けっこうよそ見しながら見てたのだけど、全体に面白くて、あからさまに駄目なとこもなくてなかなか楽しかった。
その瞬間を見そこねたのだけど、接近して向かい合ったふたりが瞬時に斬り合い、片方が刀を逆手に持って切り上げているというのは黒澤明の「椿三十郎」ラストの伝説の決闘シーンだよね。
他にもそんな仕掛けがあったかも知れないけどちゃんと見てなかったので見逃した。
面堂終太郎ばりの「くらいよー、せまいよー、こわいよー」があったのは笑えた。
落ち着いて見る機会があればもう一度見たいもんだ。

超高速! 参勤交代 Blu-ray

超高速! 参勤交代 Blu-ray

超高速! 参勤交代 [DVD]

超高速! 参勤交代 [DVD]

『戦後70年 あの戦争は何だったのか 「一億玉砕」という亡国思想―新潮45eBooklet [Kindle版]』 保阪正康 新潮社

なんかキャンペーンで目に留まった。
「全滅」を「玉砕」ということばで美化し、トップが死ぬまで戦うべしを言ったという話。
後半、相手の戦力をそぐことよりも死ぬことが目的になっていた、って、なんだかなぁ。
ろくでもない戦争をしたということで。
戦争はやっちゃいかん。次はもっとうまくやろうという反省はナシで。