2017年08月04日のツイート

『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』 田中圭一 KADOKAWA

初出情報は特に載ってないけど、エピローグによれば『文芸カドカワ』に2014年12月から連載。
出たときから興味はあったのだけど、買うに至ってなかった本。
たまたまVIEWサンクポイントのあぶく銭がある時に駅の本屋でシュリンクもなく平積みされているのに遭遇して、ぱらぱらと中を見てそのままレジへ。

はっきりうつ病と診断されたことはないけど、昔から時々気持ちが落ち込んでしばらく浮上できないことがあったので、うつ病の情報はある程度チェックしてるつもり。
で、これは作者の経験と、作者の周辺にいる経験者の話をまとめてある本。
幸いにして朝起きられないほどの状況にはなったことがないので、こういうこともあるんだろうなぁ程度で読んだ。抜ける方法だけ心に刻みながら。
作中で年を取ると治るという話があるが、僕自身30代ぐらいまでとくらべると最近はもう全くこういうことと無縁になってしまってるかも。

しまった、電視書籍版はフルカラーなのか。と思ったが、Suicakindleは買えないからな。