a_sue’s diary

a_sue の日記 はてなブログ版

九州国立博物館 & 大宰府

大宰府九州国立博物館に行った。

車で裏側から。駐車場から正面へは散策路をたどっていくようになっている。天気がよくて暑い。で、裏から来た一般車は、表には抜けられないつくりなのね。

特別展の「南の貝のものがたり」と、通常展の「海の道、アジアの路」で入場料は大人1,000円。

一応全部見るが、一つ一つに時間はかけないというポリシーでまわって、特別展40分、通常展70分。

通常展のシアターは見てません。

これまで歴史民族博物館などで石器からはじまる歴史はいろいろ見ていたけど、その前に貝を加工した時代が南を中心に存在するというのを、これだけまとまった形で見たのは初めてで、なかなか面白かった。

まじめに見たらたっぷり1日楽しめますね。

そのあと天満宮の近くの有料駐車場に車を止めて久しぶりの大宰府

一応参道の途中からはいり、橋を渡るコースで進むと、ちょうどつくし路100キロの子供の列がゴールするのに出くわした。4泊5日で歩いたそうで。この暑い中お疲れさんです。

で、橋を渡って天満宮へ。お参りして菖蒲池を回りこんでもどる。

「だざいふえん」が「だざいふ遊園地」になっているが、何か変わったのかな?

参道の店で遅い昼食を取ったあと車に戻って都府楼跡へ。

ここも何年ぶりだろうか。昔と比べるとずいぶん整備されているなぁ。昔は原っぱに礎石がぽつぽつとあるだけだったのに全体の線引きがされてる感じ。礎石がずいぶんきれいに並んでる。

一回りして車に戻り、せっかくなので四王寺にあがることにして大宰府に戻る。

駅前を通り抜けて林道をあがる。木が成長していて日陰が多い。ほかの車はほとんどいなくて快調に上がって快調に降りる。でも下を見下ろせるところがなくて、子供たちに水城の堤防を見せられなかったのが残念。

大城山方面にまわったが、こちらでもよく見えないまま下界に降りた。