『稲垣吾郎も感動 がんばれニッポン!ロボコン世界大会』 @NHK総合テレビ

裏番組その1。当初予定の通り、録画で見た。
いきなり稲垣吾郎が話し始め、スタジオにはたくさんのタレント。ロボコンとはなんぞや。ABUロボコン世界大会の番組を、そこから始めるのか。しかも、高専ロボコンの第1回から。
よその国の様子を紹介するのはよい。日本と比べて熱い状況がよくわかる。でも、すでにテレビ放送してる国内の大会(バラエティ版全試合版)の分はやらなくてもいいんじゃないの? やらなくてもいいどころか、東京大学VS豊橋技術科学大学の歴史に残る名勝負を、東大がメカトラブルで負けたように短縮編集して紹介。をい。知力、技術を尽くしたあの戦いをそんなつまらんものにしてしまうのか。恐るべし、NHKバラエティ。
さらに、スタジオにたくさん呼んだ今年初めて見るタレントに、去年から見てる稲垣がえらそうに話をして、さらに5年前から見てる山田五郎が出てきてさらにえらそうに説明をする。これでどんどん時間を使う。みごとだ > NHKバラエティ
1時間15分の番組で、このあたりまでで50分ぐらい使ってる。
画面上、常に左下にスタジオのタレントの顔が映ってるのもじゃま。


豊橋技術科学大学は、送った荷物の中で車輪がないというトラブルを、あり合わせのボードを使って車輪を作り、なんとか動く状態にして出場。これは見事だった。
予選リーグでエジプトに敗れるが、香港には勝って、得点数で決勝トーナメントに出場。国内と同じパターン。決勝トーナメントでまたエジプトとあたり、すでにメカがダメージを受けていたこともあって相手の高速マシンを阻止できず敗れたが、よくやった。
しかし、それにしてもまともな試合の放送がほとんどなかったのはいかがなものか。優勝を決めたエジプトと中国の試合もダイジェストだし。
この番組って、なんなの?
ゴールデンタイムでやるから何でもバラエティにしないと心配ですか?こんな番組ばかりやってるから、誰も見なくなるんだよ。
番組の作りに腹を立ててこれを書きながら録画を見てたので、結局豊橋が何位だったのかすらわからなかった。
で、全試合版はいつやるんですか?