a_sue’s diary

a_sue の日記 はてなブログ版

『読売 はあとふるサロン』 @メルパルクホール

かみさんが友達から入場券をもらったので、行ってきた。
第1部は三枝成彰の講演。生三枝成彰氏を見ることができるとは、長生きはするものだ。
日本人は音楽を情緒で聴くが、欧米人はメッセージで聞く。音楽のベースにキリスト教があり、聖歌を同じように歌うために楽譜ができたとか、楽器は許されないとかいろいろと。
なかなか興味深い話でした。
スポンサーである救心の宣伝映画のあと、第2部は読売日本交響楽団メンバーによる弦楽四重奏

フィガロの結婚」より序曲 ウォルフガング・アマデウスモーツァルト
「アリア(G線上のアリア)」 ヨハン・セバスティアン・バッハ
「威風堂々」 エドワード・エルガー
「弦楽のためのアダージョ サミュエル・ハーバー
日本の曲メドレー「朧月夜・花・夏は来ぬ・浜辺の歌・砂山」
「ムーンライト・セレナーデ」 グレン・ミラー

ゆったりまったり、気分良く帰宅。