『THE ART OF 新書判コミックス 別巻1 朝日ソノラマ 初期サンコミックス編』 まんだらけ出版部

買ったのはここ
堪能しました。
うちの日記を見れば、僕が初出情報にこだわってるのがわかると思うけど、この本の情報は半端じゃないですよ。
帯付きの書籍写真に、カバーを開いた表から裏まで一続きの写真、さらに帯も同じく広げた写真が載って、発行日だけでなく収録作品の初出情報もかなり詳しく載っている。作品や作者についてもそれぞれちゃんと解説してある。さらに、挟み込みの「サンコミックスのご案内」に、果てはスリップまで。現物を所有してたとしても、よほど注意して管理しないと散逸しそうなものをきっちり収録してあるのがいいわ。
そういう体裁で収録してあるのは第1期から第2期への過渡期まで、1972年8月頃までの分だけど、巻末にはサンコミックス全巻のリストが載っている。もうこれだけで僕にとっては一財産分の情報ですよ。
巻頭には、全巻の背表紙を並べた折り込みがついてて、発行順と、作品別か?ちゃんと照合してないから見た印象だけど。
また、「新書版コミックスの歴史とサンコミックス」という文章では、各新書版コミックスの発行時期などの情報もあって、いや、最初のこの文章を読んだ時からもうこの本のに夢中ですよ。
大きくて扱いの難しい本なので、読むのがなかなか大変だったけど、その価値のある本でした。この値段は高くないわ。
続巻に期待です。
あ、でもサンコミックスを始めた橋本一郎氏のインタビューは、読んでちょっといやな気分になったかな(笑)
あと、サンコミックスといえば作品をずたずたにしたり、割とすぐ絶版にしたり(少年画報社よりはましかも知れないが)する印象があるのはかわらず。でもまあ、こうしてリストを見るとよくこんだけいろいろ出したなぁと思いますね。