長男の自転車の前輪のパンク修理と、自分の後ブレーキワイヤー交換

久しぶりに自転車屋さん状態。
昨日パンクしたという長男の自転車。前輪がぺったんこで、空気入れで空気を入れてみても全然ふくらまない。抜けてるとかそういうレベルではない様子。フレンチバルブの破損の可能性も考えつつ、とりあえずチューブを出して洗面器の水につけながら空気を入れてみる。したら豪快に空気が漏れるポイントがあった。大きな裂け目が並んでふたつ。これじゃシューともいわずに抜けるわな。
というわけで、比較的近かった裂け目ふたつを1枚のパッチで塞ぎ、修理完了。2006年7月に買った自転車で、このチューブはパッチ2枚目なので、まだしばらくは交換しなくても大丈夫かな。


もう1件は自分の自転車の後ろブレーキワイヤー。レバーのすぐ先でアウターが急角度に曲がったことがあって、それ以来硬くなってたのを、アウターとインナーの両方交換。何度もやってるのでさくっとすむが、ワイヤーカッターでアウターを切ると、どうしても穴がふさがりがちになるのが何とかならんかなぁ。