『頭文字[イニシャル]D THE MESSAGE』監修/しげの秀一&ヤングマガジン編集部 KCDX 講談社

買ったのはここ
面白かった。
走りの快感、走りのテクニック、バトル、峠、車、チューニング、走りの哲学、ハチロク登場の時代、開発者、チューナー、専門店。
いろんな見方や、いろんなひとの語りが楽しかった。
ハチロクが売られていた頃って、ちょうど車が欲しかった頃で、僕はシティ・ターボしか眼中になかったのだけど、会社の若者にはトレノやレビンに乗ってるのが何人かいた。最後のFRライトスポーツと言われて、1.6L以下はみんなFFになっていく時代。夜中に峠にも行ってみたし、ドリフトの失敗で事故るのも見た。そんな頃のことをいろいろ思い出しながら読んだ。
特に面白かったのは、各メーカーの開発者の話と、チューナーの話。車が面白くなくなったから若者が車から離れていったのか、若者が離れて年寄り向けばかりになったのか、どっちなんでしょね。

頭文字D THE MESSAGE (KCデラックス)

頭文字D THE MESSAGE (KCデラックス)