『菜穂子』 堀辰雄 青空文庫

図書カード:菜穂子
便宜的に[本]にしときます。
広瀬正の『エロス』を読んだときに作中に登場するこの作品が気になって、青空文庫からAd[es]にダウンロードしてちょこちょこと読んでた。ずいぶんかかったなぁ。
派手な出来事があるわけでもなく、謎があるわけでもなく、どちらかと言えば淡々とした日常の中での心の動きとかを描写してる作品。ってことかなぁ。