『虐殺器官』 伊藤計劃 ハヤカワ文庫JA 早川書房

買ったのはここ
堪能しました。饒舌な主人公による一人称が心地よい。テロと戦い、そのために個人認証を強化して、個人の行動が徹底的に記録されている時代。ある人物が虐殺を引き起こしているという。
インフラの描写がすてき。
巻末に大森望による詳細な解説と、その他の方々の評などが載ってるので、自分の感想なのか、人の受け売りなのか微妙になりそうでちょっといやだったりして。というほどの感想を書けるわけでもなし。
しかし、この人の文章合うわ。長編があと2冊しかないなんて。気付くのが遅かった。いや、早く気付いてたからって作品数は変わらないけど。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)