レンタカーで伊香保、榛名山を経て草津温泉へ

1週間前に思いついてネットであたったら、あっさり宿とレンタカーの予約が取れたので、レンタカーで草津温泉に一泊旅行。子どもたちは部活で連休全滅なので、かみさんと二人で。
朝8時に予約してたレンタカーをとりに行くと、用意されていたのはマツダデミオ。プレステ グランツーリスモの入門車としておなじみの車種だけど、モデルとしては何代かあとになるのかな?マツダ車は初めてだと思ったが、これを書くのにチェックしたら、2008年秋の紅葉狩りがマツダのアクセラだった。
で、このデミオですけど、なんと新車ですよ。走行距離181km。車検証を見ると登録が4月26日で、傷のチェック記録を見ると僕の前に一人しか借りてない。うわ〜、慣らししなきゃならんのか(違) というのはさておき、新車ならカーナビのデータも最新間違いなしだし、キーの電池が切れかけてていらつくこともないのでとてもうれしい。
うちに戻って、かみさんの支度を待ちながら車の準備。ETCカードの機械がダッシュボードの上にない。以前手違いでETCなしの車が用意されてたことがあったが、今は全車ETC標準装備らしいので、機械が付いてないわけはない。と見ると、センターコンソールの運転席側の横に貼り付けてあった。文字で上を判断して上にカードの表が来るように差し込む。したらエラーメッセージですよ。1年ぶりだからカードがおかしくなってるのか?と、不安になりながら挿し直すが同じ。まさかと思いつつ、裏返しに挿したら認識された。なぜ上下が逆なんだこれ。


カーナビに今日行く予定の目的地をセットして出発。関越なので千住新橋から乗るつもりだったが、四ツ木に誘導されてるので素直に従う。水戸街道は平日なのでけっこう車が多いし、四ツ木で首都高に上がるとまず箱崎からの合流があって、そのあと左に出て中央環状への分岐。相変わらずこの短い間の車線変更が辛い。トラックが多いし。やっぱり千住新橋まで下道を行った方が楽だったかも。
中央環状を行くと、以前はなかった東名方面への案内がある。ああ、副都心線が開通したからなのね。明日の帰りに時間があったらまわりたいな。とかのんびりしたこと考えてたら、そのせいで関越まで一本道と思ってたのが、途中で右分岐に変わっていた。みんな直進で、そこから別れて右分岐。急に車が減る。美女木JCTの信号も青で止まらず通過。外環道から関越合流の渋滞もしばらく前からなくなってるし、順調に関越に乗る。関越、渋滞が全くないですよ。平日だからか。ラジオを聞いてても、みんな休んでるのに今日も仕事ですって話ばかりで。
高坂SAに止まってWiMAXを試すと、快適につながる。いいねいいね。あ、ちなみに買ったきり1年間寝かせてたインフライトカーインバーターを持ってきて、VAIO type Pをいつでも使える状態にしてますよ。これも快調。まあ、このあとは帰宅するまでWiMAXがつかえなかったんですが。
で、一度も渋滞しないまま渋川伊香保ICに到着して下道に降りる。桜が咲いているし。東京で聞いてたラジオが入らなくなったので地元に変更。したら、自営業だからとか、家畜の世話があるからとか、そういう理由で休めない人の話がたくさん。GWといってもところ変われば、というのを実感。
カーナビに導かれるままに伊香保温泉に突入。お目当ては石段なのだけど、カーナビでいい加減に目的地を設定したのでどこがどこやら。事前に地図もチェックしてないし。うろうろ路地を走ってると、石段を横切るんですよ。こんなとこ車で通るのかと思いながら、通ってるのが自分の車。デミオだからいいようなものの、大きなワゴン車だったら結構大変だ。さまよって下りてきたとこに交番があったので、駐車場を教えてもらう。徳富蘆花記念文学館の駐車場が有料だが近い。行ってみれば2時間まで無料。今回の目的では2時間もかからない。ありがたく駐めさせていただく。
歩いて石段。その手前に関所。石段を登って上にある神社まで往復。下りの途中でできたてあつあつの温泉まんじゅうを買って、その場でいただく。おいしい。下の方の石段は最近できたばかりらしくて新品ピカピカ。1時間ぐらい車に戻ったので駐車料は無料。ごめんなさい。


そのそばの道を上がっていくと榛名山。「頭文字イニシャルD」の世界。おお、この側溝なら溝落としが出来るな。ちょっとタイヤを落としてみたりして。5連ヘアピンはよくわからないうちに通過してしまってたらしい。路面にうねりをつけて速度を落とさせる仕掛けがあって、これ車酔いする人には辛いのでは?
上の平らになったとこにメロディラインというのがあって、タイヤのロードノイズを使って曲を奏でるというやつ。確かに曲に聞こえる。へ〜。
榛名湖畔について、せっかくなのでロープウェイで上に上がる。小さなゴンドラがふたつ並んだふしぎな形。上に上がって神社にお参りして次の次の便で降りる。乗ってる時間は3分ぐらい。


あとは草津温泉に向かって、伊香保と反対側に下り、JR吾妻線沿いの日本ロマンチック街道を楽しく走る。前方に見えてくる工事中の八ッ場ダム。これがほんとにダムになるの?という外観ですね。長野原草津口を過ぎたあたりから、前方に雪をかぶった山が見えてくる。山のてっぺんはまだ雪があるんだ、と思ってるうちに草津温泉に突入。本日の宿は、中心から外れたとこにある草津ナウリゾートホテル。予定通り、14時頃到着。よしよし。
http://www.kusatsu-now.co.jp/
露天風呂に入って東洋式整体をやってもらって晩ご飯を食べて、シャトルバスで夜の湯畑に出る。いい雰囲気だ。さらにホテルでチケットを買っておいた草津温泉らくごを聞く。
草津 温泉らくご | 公式
シャトルバスでホテルに戻って、大浴場でもう一度温泉に浸かって、本日の予定コンプリート。早く着いてのんびりするという主旨だったのだけど、意外にスケジュールがびっちり埋まってしまって、でもそれが全部良かった。