軽井沢から万座をへて草津温泉

今年のGWはどこにも行かなかったので、記念日に草津温泉2年ぶりか
例によってレンタカーだけど、今回は1.5Lカローラクラスの乗用車を予約。
いつものように朝8時の予約時間前にニッポンレンタカーに行って手続きすると、待っていたのはカローラAXIO。いいね、普通の乗用車だ。
が、走行距離が普通じゃなかった。36km。バリバリの新車。いつもなら点検記録の分厚い記録簿があるのに、これ紙切れ1枚でしたよ。キズはもちろんなし。あとで車検証見たら、登録が7/4だった。
毎回新しさに驚いてるけど、実はこの何回か、比較的新しい車が多いのよね。二人目だったり、登録から1ヶ月ぐらいだったり。継続的に借りてると、コンディションのいい車を回してもらえるってことなのかな。
オートマの階段型ゲートも使いやすくて良かったのだけど、最新であるはずのカロッツェリアのカーナビが、使い勝手の点でいまいちであった。
これまでのつもりで操作してると先に行けずに戻ってたり。検索したとこからスクロールさせてここに行きたい、というのが初日は実現できなくてイラッとした。
車の方は、Dレンジにしてると勝手にアクセルの開度をいじってるようで、なんか微妙な加減速を感じた。助手席のかみさんは気づかなかったようだけど。

いつものように8時半頃頃出発。千住新橋から首都高に乗って、いつもだとC2から美女木JCTなのだけど、カーナビが川口線に誘導するのでそれに従う。外環道に入って美女木の信号には引っかからずスルーで。
関越に入り、適当にとまりながら上信越道に入って、松井田妙義ICで降りる。せっかくなので今回も碓氷峠の旧道で。
今回は無理に峠の走りをしようと思わずのんびり走ったので快適な森林浴。雨が降った様子で湿り気があり、窓を開けてると気持ちいい。
軽井沢を抜けて、中軽井沢から星野リゾートハルニレテラスの沢村で昼食。

そのあと石の教会をめざす。
軽井沢 石の教会 内村鑑三記念堂
カーナビに従っていったら車を駐めるとこがわからなくて奥まで侵入。一度外に出て再突入したら、案内の人がいて下の第二駐車場を教えてくれた。そこからシャトルバスで上に戻って、上の駐車場を突っ切ったとこに石の教会があった。
教会から礼拝堂に入って、地下の内村鑑三の資料などを見てたら、このあと結婚式のため上には戻れないと。裏から外に出て回り込んだら、ちょうど新郎新婦が車で来て降りるとこが遠くから見えた。ラッキー。
というわけで、満足して出発。

素直に鬼押し出しを抜けるコースから、万座ハイウェイ。
嬬恋牧場の愛妻の鐘というのがあって、せっかくだから鳴らす。
愛妻の鐘/嬬恋牧場の正規のページ
ついでにソフトクリームもいただく。

そのまま万座にむかい、とまらずに抜けて白根山に上がると、道としては知ってるが、雪のないシーズンは初めてだし、上から降りるので初めて見る景色。気持ちいいです。

宿は前回と同じ中沢ビレッジ
16:40着で、本日の走行距離246km。

NHKウィンブルドン女子決勝を生中継してくれてたので、見ることが出来たのがラッキー。