『アオイホノオ .11』 島本和彦 少年サンデーコミックススペシャル 小学館

初出 ゲッサン '13年7月号〜12月号
きっちり半年で出るのね。
丸1回かけて「タッチ」第1回の衝撃を語る。せっかくのカラー見開きなのに、タッチ第1回でせっかくのカラー見開きを建物に費やしてるってのを再現してるとこが島本らしい(笑)
で、アニメを作ったことでいろんな方向から見た絵が描けるようになってきたとこに、戦略シミュレーションゲームという邪魔が入る。あれは大変だよな(笑)
あとは「DAICON III オープニング・アニメ」のメイキングやら、本番やら、ホノオが初めて見る話やら。
そうか、これ本番では音が出なかったんだ。
SF大会には参加したことがないけど、これがすごかった話はアニメックにコマで採録されたので見て吹っ飛んだ。赤字救済委員会に郵便小為替を送って、VHSを手に入れましたよ。そりゃもうすごかった。そのおまけで庵野の「じょうぶなタイヤ」とか「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」とかも見て、すごい人がいるんだと思った。
そういう懐かしい頃の話。