明治神宮の流鏑馬と東京都農業祭

去年行った明治神宮の流鏑馬。僕はすっかり忘れていたが、かみさんが覚えていてことしも11月3日だということで行ってきた。
【東京】明治神宮流鏑馬神事 - やぶなび | 日本各地の流鏑馬(やぶさめ)を紹介

今年は早めに行って11時半過ぎに明治神宮入り。
原宿側から鳥居をくぐって、ちょっと行ったとこから左に入って奥に進むと右手で東京都農業祭、左手で古武道のイベントをやっている。

まずは東京都農業祭で焼きそばや焼き鳥などでお昼。ビールは売ってません。
野菜やら花やら売ってて、カートを持ってきてる人や両手に袋を提げて帰る人など多数でしたが、なにも買わず。

13時開始の20分前ぐらいに流鏑馬の会場に到着。
前回はすでに13時を過ぎてたこともあって目の前にあった三の的の前で見たのだけど、今回は時間に余裕があるので前方に歩く。もちろん場所を確保して待ってる人多数です。
二の的の前にテントが張られていて、招待席とかの椅子が並んでる。テントの後ろから見るのは見づらいし、左右も人がいっぱいなのでここはスルーして一の的へ。
一の的は目の前に大きな木があるが、かろうじて最前列で的が見える場所が空いていた。
待っていると、13時の前に背後の道路を流鏑馬の人たちが行列で通過。馬に乗った射手もいますよ。
本殿での儀式の後、目の前を通って待機場所に行く行列を間近で見られたのはラッキー。


目の前でスタートするのでタイミングも取りやすくて、目の前の的を通過する射手がよく見える。


さらに小さな的が砕けるのを目の前で見ることができた。

最後の式まで見て離脱。
素晴らしかったです。