『皇国の守護者7 -愛国者どもの宴 [Kindle版]』 佐藤大輔 中公文庫

買ったのはここ
着手したのはこの辺なので、ずいぶん時間がかかった。割り込みが多かったのだが。
というわけで、遠い昔に読んだ最初の頃の展開をもう覚えてないのだけど、まあそれはどうでもいいことだな。
とりあえず、駒城が、新城がより大きな力を持てる状況を作る手として麗子と婚約するという発表をしたあたりまで。
読めば先が気になるが、一度読んでるので他の割り込みが入るとどうしても後回しになってしまう。
おまけの書き下ろし分を読むためには本編を読まねばならないという個人的なこだわりがあるので、そのためだけに読んでいるという話もあるが。