『RM MODELS 249 2016-05』 ネコ・パブリッシング

もう5月号だもんなぁ。ちょっと早くないか?
通販で予約してあったのが本日到着。
特集は211系とその一族ってことで、211系は通勤時にもよく見かけたので懐かしい国鉄型車両。おまけに415系1500番台も車体は同系列ってことで扱ってあるし。
いろいろ懐かしかった。RAIL MAGAZINE 27号(1986年3月号)からの再録という211系形式図/床下機器配置図は資料的価値高し。1:87だが。
昭和模型工作室で紹介されてるお店、新宿三丁目世界堂は知ってたが、お茶の水のレモン画翠は多分前を何度も通ってるはずなのに全く知らなかった。建築模型の材料などを扱ってるお店だそうで。機会があればのぞいてみたいが、いろいろ欲しくなりそうで危ない。
同じ昭和模型工作室の木造単線機関庫を作る記事は、完成後のカラー写真多数のあとにメイキングがあって、素材から組み上げていく様子がよくわかる。よくわかるんだけど、この写真と説明だけじゃ僕は作れないな。バックグラウンドとなる知識も技術もないから。今度キットが出るそうなので、それで挑戦するとかありかも。(ありません)
野上電気鉄道の2回目。写真が1990年とかで、つい最近じゃないかと思ったがすでに四半世紀前だったりして愕然。
あとはアオシマDD51を動力車改造した人の記事とか、ドイツ・ハンブルグにあるミニチュアワンダーランドの視察記とか。
架空私鉄はじめましたの第6回は岩山と氷壁。なんだかすごい風景だ。
そして今月号には分厚い別冊付録が付いている。
「熱闘鉄道模型 シュツットガルトへの道」ってことで、日本一になった共立女子中学高等学校地理歴史部のモジュールがシュツットガルトの「ヨーロピアンNスケールコンベンション」に招かれた話を中心に、鉄道模型コンテストのまとめがたっぷり84ページ。お腹いっぱい。

RM MODELS (アールエムモデルズ) 2016年 05月号 Vol.249

RM MODELS (アールエムモデルズ) 2016年 05月号 Vol.249