『やけっぱちのマリア 1 [Kindle版]』 手塚治虫 手塚プロダクション

本日の特価品。
初出情報がないが、おおざっぱに1970年頃から週刊少年チャンピオンに連載されてた。BGクラブで海に行くあたりを1970年の夏休みに読んだ記憶があるな。
当時少年キングに連載してた「アポロの歌」とあわせて、手塚治虫性教育作品。もうひとつ、アニメがメインだった「ふしぎなメルモ」がこのちょっと後ぐらいかな。
お話は中学生のやけっぱちからエクトプラズムの形で生まれたマリアがダッチワイフの身体に入って中学校であれこれ。
人の生き死にが話の中心にあった「アポロの歌」とくらべるとソフトな印象。でもないか。
こっちの方がストレートに性教育しようとしてる印象はある。
ドキドキしながら読んでました。