『がーでん姉妹(シスターズ)(4)【電子限定特典付き】 (バンブーコミックス 4コマセレクション) Kindle版』 竹本泉 バンブー・コミックス 竹書房

普通に25日だと思ってたら17日発売だと気付いたのが昨夜。kindle版も同時発売予定で予約可能。
というわけで、ポチッと予約したのが日付の変わる数時間前。810円かぁ。値引きないんだなぁ。
と思ったのに今見たら750円だよ。どういうこと?

それはさておき、初出情報ナシは今回も不満。なぜ?

と思ったのは今朝読み始めて満ち足りた気分で読み終わった後のこと。
まあ、今回も楽しんだしいいか。
リアルタイムでキャラが年をとるこの作品、ついに三つ子が大学生だ。
違和感があるのは私立と国立を受けてること。地方ではどうか知らないけど、うちの息子達は私立か国立か、どっちを受けるかではっきり分かれてて、両方ってのはあまりない様子だった。昔と大違い。
だいたい私立に二人も三人も行かせるって、理系より比較的安いという文系だとしても無茶だろう。
とか思いながら読んでるんだけど、何だかんだ言いながら楽しい会話劇にふにゃーっとなりながら読んじゃう。
後半は池子のアルバイトに絡めて珈琲の話がたっぷり。
もちろん電子版あとがきと、カバーの中の表紙から背表紙、裏表紙まで完全収録。
でもカバーの折り返し部分にあるであろうひとことがない。まあ、電子版あとがきはあるからな。
何だかんだいって、本気で不満なことはほとんどないです。
楽しいからいいの。