かみさんと水元公園

ちょっと暑い三連休の中日に、久しぶりに水元公園に行こうかと言うことになり、しばらく使ってなかったテニスのラケットを引っ張り出して、10時前に自転車で出発。
10月とは思えない気温だし、日差しも強いので今シーズン初めてサングラスを引っ張り出した。
いつものコースで水元公園に入ったのが10時半ぐらいだったかな。
メタセコイア並木の先、以前息子達と一緒に来てたあたりでテニスの軽い打ち合い。
と思ったが、なにしろ息子達が中学で部活を始めて以降はそういう機会もなかったので、実に13,4年ぶり。
だいたい僕のラケットは30年ぐらい前の独身時代に、会社のテニス部で初心者を数年やってた頃に買ったヨネックスのいわゆる「デカラケ」というやつで、ガットも最初のママなのでコンディションは多分ボロボロ。
まあ、ラケットのコンディション以前に自分自身がボロボロなんだけど。
久しぶりにテニスボールを打とうとしたら、動体視力が付いていかなくて距離感がつかめず当たらないというレベル。かみさんも似たようなもので、打ち合いにならない。
木陰のテーブルで休憩したりしながらぼちぼちとやってたけど、まあこんなもんだろうってことで芝生の中央広場の木影に移動してお昼。

f:id:a_sue:20181007133123j:plain
水元公園の中央広場
木影でしばらく読みかけの『光と物質のふしぎな理論』
a-sue.hatenablog.com
を読んだりして。
15時半から樂天ジャパンオープンテニス決勝だから、ちょっと早めに引き上げる。
10月になって、やっと自転車で遠出が出来る季節がやって来たかな。