『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2018 12 No.923』 機芸出版社

発売日の20日に最近買ってる本屋に行ったら見当たらない。
ちょっと心配になりつつ、21日の朝行ったら平台に8冊積んであった。ちゃんと出て一安心。
買ってすぐ見たのが編集者の手帖。特に編集作業が遅れたというような話は載ってなかったが、水野良太郎先生の訃報。
実は定期購読の『RM MODELS』が先に届いていて、そっちでぱっと開いたページにいきなり訃報が載ってて、それで先に知ったのだった。
僕がTMSを買い始めた1970年代前半、水野良太郎先生の一コママンガが載ってたよなー。あとはハヤカワSF文庫の「キャプテン・フューチャー」のカバーイラストとか。合掌。

今月の表紙はレイアウトの写真じゃないが、中の記事で1500×600mmの16番レイアウト「地美田鐵道 中丸線」。
地美田町駅とか旗坊駅など、記事中ではネーミングについて何も触れられてないが、明らかにあの作品からのネーミング。
小さなスペースに駅を二つ持ち、ポイントの数の結構あって運転が楽しそうなプラン。カラー写真を見るといい感じのバラストに目を惹かれるのだけど、バラスト散布には最後まで迷ってたとか。
Zゲージのトランクレイアウト「甲信越情景鐵道」はトランクにすっぽり収まる555×425mmのスペースに20m級電車の編成が走れるエンドレスを敷設して、駅もちゃんとあるというのがなかなかすごい。
模型のためのエッセンスでは成田ゆめ牧場でお披露目されたという羅須地人鉄道協会の本格的な小型蒸気機関車7号機。なんかすごい。
ニュールンベルクメッセ2018リポート第9回は、ストラクチャーやフィギュアの写真が多い。
そして12月号なので巻末に1年分の索引。

鉄道模型趣味 2018年 12 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2018年 12 月号 [雑誌]