『木曜日のリカ』 原作:小池一夫 作画:松森正 eBookJapan

何度か書いてる「木曜日のリカ」。
連載順に収録の決定版が出そうになくて、電子版はスタジオシップ版をベースにしたeBookJapanのものだけが存在してる状態が長く続いてて、実は1巻だけ大分前に買ってるんだけど残り4冊もついに買ってしまった。
検索結果 - 電子書籍の漫画(マンガ)・コミックはeBookJapan

読もうと思って買ったので読んだんだけど、「渚のコルト45」だけ先に読んだ後は収録順に読んでしまったが、自分でまとめた順番と違うじゃん。まあいいか。
さすがに中学生で読んだ頃と違って、いろいろ突っ込みたくなる展開もあるんだけど、当時はこれでも画期的な作品だった。
で、やっぱり終盤の「聖夜の訪問者」から「白夜のフーガ」の流れだけは全く別物で、このあたりは今読んでもちょっと響くものがあった。
当時の掲載誌に綴じ込みでついてたピンナップとか完全収録の完全版が出ないかなぁ。