松戸花火大会 in 2018を見に行った

恒例の松戸の花火、もちろん今年も。
午後予定があったのは去年と同じだけど、今年は去年よりちょっと遅めに出て、東金町運動公園に自転車を駐めたのが18時40分頃。駐輪位置がだいぶ手前だった。
土手に出て、松戸側を見ると斜面に人が一杯。空は一面雲におおわれている。
草の斜面の途中にシートを敷くつもりで上流へ歩くが、道路が交差した先に本部があって、その先は土手の上の方に規制線が張られてて斜面に降りられない。
戻って適当なとこにシートを敷いて、持ってきた本麒麟を飲み始めたのが18時50分頃。
19時10分頃遠くの花火が始まる。一昨年の記録を見ると柏らしい。どこだかすっかり忘れてるし。

なんとなく松戸の放送がカウントダウンかな?と思えた後、始まった。19時13分位。
例によってすぐそこが射点なので、上がるのがよく見えるし音が近い。
いつものようにオーソドックスなのが多くて、印象としては緑と赤が多かった。
ちょっと珍しかったのはひとつの射点から左右に振るようにしてパステルカラーのが連続して上がるやつ。あまり高くまでは上がらず、上がっただけで大きな破裂はない。
20時7分頃連続して派手に上がって、もうこれで終わりという感じで少し間が空いたんだけど、例によってその後また派手に上がり、ほんとに終ったのが20時22分ぐらい。

近い花火を堪能して、帰る。今年は市川の花火は見えなかった。
混雑を避けながらアリオ亀有まで戻ってきたのが21時2分ぐらい。
今年も楽しかった。