Bunkamura のロマンティック・ロシアを見に行った&初詣の続き

チケットをもらって、年末は忙しくて行かなかったこれを、三が日が終って駅伝もない4日に見に行った。
www.bunkamura.co.jp
渋谷の道玄坂を上がったところにある東急百貨店本店にくっつく形でBunkamuraがあって、その地下でやってるのだった。

ロシアの画家とか全く知らなくて、メインビジュアルになってる女性の絵も見たことがなかったのだけど、好きな雰囲気の絵がたくさんあって、すごく良かった。
風景画から始まって、肖像画、子供の世界、都市と生活って感じだったかな。
いろんな画家の絵があるので、緻密に写実的に描き込まれたものやもっとざっくりしたタッチのものが混在してる。好きな雰囲気は写実的なものだったな。
風景画は春夏秋冬の季節毎にまとめて展示してある。
夏の高い空に入道雲が立ち上がっている絵が山本二三さんの描く雲のような雰囲気が合って惹かれた。
秋は紅葉の森の絵がすごくいい。図録買って来たからちゃんと調べれば誰の何という絵かわかるけど書きません。
ロシアの風景だけど、光が強く当たってる印象の絵がいくつかあって、これも好きな雰囲気。
あとは肖像画とか人物画とか子供とオモチャとか。
リアルな風景画が好きなんだなーと、自分の嗜好について再認識しました。
見てたのが1時間ぐらいだったかな。
好きな絵があった時点で買おうと思ってた図録は、途中の休憩ベンチに見本が置いてあったので中味も確認済み。ショップでゲット。2,300円。

そのあとは東急百貨店7階のMARUZEN&ジュンク堂書店で本を探すが売り切れ。
正月は運動不足なのでちょっと歩こうと、NHK方面に歩いてそのまま代々木公園から明治神宮で初詣4カ所目。
さらに毎年行ってる神田明神に向かうべく代々木駅まで歩いて黄色い電車で御茶ノ水
神田明神湯島天神にお参りして今年の初詣は計6カ所。
神田明神の一部がずいぶんきれいになっててビックリ。