『進撃の巨人(1)~(29) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版』 諫山創 講談社

初出 どっかに出てたかもしれんけどわからん。
電子版が28巻まで期間限定無料、29巻大特価というのをやってて、kindleで読んだ。
18日の22時までというのをダウンロードしたのが15日の夜。

進撃の巨人」は、最初のアニメをやった頃にちょこっと見て、原作も1巻無料みたいな時にダウンロードして読んだけど、ピンとこなくてスルーしてた。
アニメだったが、立体機動装置の訓練装置が故障してるのに気付かないとかあるか?って。
原作1巻にはそのシーンはまだないのだけど、2巻以降を読んでも一向に出てこない。よくあるアニメで付け加えたダメシーンか?と思いかけた頃、7巻ぐらいだったかな、原作でも出た。ああ、原作にあったのね。
だいたい出てくるやつがみんな性格破綻者ばかりで会話が全部壊れてるし。
でもとりあえず目の前にあるので読むわけですよ。
16日月曜にお出かけした帰りの電車で第1巻から読んで、帰宅してからも読んで。
当初と全然違う展開に突入してて、これってそういう話だったの?って、13巻まで。
翌日17日は休みじゃないので仕事に行く朝の電車でも帰りの電車でも読みかけの紙の本を読む。
夜中に18巻の途中まで読んで、その手前だったかな、単行本10巻分ぐらい前の伏線が回収されたのが。
ちょっと待って。
周りからいろい聞こえてくるわけですよ、とりあえず22巻まで読めとか、23巻からが凄いんだとか。
18日の朝、18巻の途中。22時までに28巻まで読めるのか?
もう全巻読む気満々なので、読み切れなかったら定価購入しかないなというレベルの気分。
それでもせっかくなので頑張って読む。朝の電車までに20巻まで。
帰りの電車で22巻の途中まで。
帰宅して飯食いながらとりあえず29巻が安いうちに買う。
20時半頃22巻を読み終えて、1冊30分ぐらいかかってるから間に合わないのは確実。iPad Proで読んでるのでWiFiを切って、22時以降に無効版と差し替えられるのを防ぐ。
23巻、全然違う話が始まって、これは何?
もうその後はたまらんこれなんだよ状態。
29巻まで読み終えたのが25時。

何が正しいのか、誰が正しいのかまったくわからない。
読んでて不安しかない。
でも面白い。
そろそろ終りに向かってるようだけど、ついていきます。

ところで、夜になってこれを書きながら1~28のkindleをひらいてみたら、まだ読めるみたい。
無効版に差し替わるのはもうちょっと先なのかな?