『北朝鮮急襲(下) (海外文庫)』 トム・クランシー スティーブ・ピチェニック ディック・カウチ ジョージ・ギャルドリシ 伏見威蕃:訳 扶桑社

当社比で比較的短期間で読了。
グリーンヴィルという潜水艦が出てきて、日本の水産高校の練習船えひめ丸を沈めた船だと書いてある。当時アメリカでは漁船と報じられたと聞いてたのでちょっと意外。原文でどう書いているかわからないし、訳者の解説で何か書いてあるかと思ったが、軍艦の種別と用途について延々書いてあるだけ。うがった見方をするとその話題を避けたのかとも思える。
どのくらい必然性があったのか知らないが、グリーンヴィルが出てきた時点でちょっと気持ちが離れてしまって、そういう気持ちで読むとそれ以降なんか雑に見えて、なぜそこからそんなとんでもの方向に行くのかわからない。
クランシーもいないし、もうやめ時かな。
とかいいながら最後までは読んだのだけど。