ジャイロモノレール の検索結果:

『ジャイロモノレール (幻冬舎新書) Kindle版』森博嗣 幻冬舎

…った。 森博嗣先生のジャイロモノレール研究については買った時に書いたように、 a-sue.hatenablog.com 鉄道模型趣味(TMS)誌に乗った記事を全て読んでいるので大まかなところは知ってたが、改めてこうしてまとまった形で読むと、物理学からのアプローチと実際に物を作る工学的アプローチがバランスを取りながら試作機に反映されていくところが面白い。 最後の方は個人研究の勧め的な話になってるんだけど、「趣味」の定義について、個人研究こそが趣味であって、スポーツもレジャーもそ…

『ジャイロモノレール (幻冬舎新書) Kindle版』森博嗣 幻冬舎

…きた。 森博嗣先生のジャイロモノレールについては、TMSで発表されたのを全部読んでる。 a-sue.hatenablog.com a-sue.hatenablog.com a-sue.hatenablog.com a-sue.hatenablog.com 正直、かなり難しかった。 この本のベースはその記事だと思うけど、せっかくなので読もうということでゲット。 ああ、読みかけや読んでない本がどんどん貯まっていく。ジャイロモノレール (幻冬舎新書)作者: 森博嗣出版社/メーカー:…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2017 6 No.905』 機芸出版社

…114号。 表紙に「ジャイロモノレール」の文字。あれか。 レイアウトは連作中のNゲージレイアウト駿河鉄道「夏から秋への登山線」ってことで、箱根登山鉄道をイメージしたレイアウト。1600×800のスペースとは思えない登山鉄道のいい雰囲気にうっとり。前回の湘南線はNゲージマガジンNo.61に掲載。それ以外はTMS379号とTMS401号と書いてあるけど、ちょっと待って。379号って、単純計算で40年ぐらい前なのでは? 「1/80 昭和の駅舎と汽車を待つ人々」は駅だけあって線路もな…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2010 8 No.812』 機芸出版社

…に引き続きの肥薩線のストラクチャーは、屋根の作りかた。やっぱり大工仕事をきちんとやっている。 ユニトラックにバラストを撒いて夏草の表現を追加するアイデアは、お座敷で雰囲気を発揮しそうでいいなぁ。パラパラこぼれ落ちるかも知れないけど。 そして帰ってきた森博嗣先生のジャイロモノレール。難しい。鉄道模型趣味 2010年 08月号 [雑誌]出版社/メーカー: 機芸出版社発売日: 2010/07/20メディア: 雑誌購入: 2人 クリック: 30回この商品を含むブログ (5件) を見る

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2010 6 No.809』 機芸出版社

表紙を飾っているのは16番のセクション。未舗装路の感じがいいし、後ろにある物置小屋のような建物の感じも。 製品の紹介ではマイクロエースから415系の旧塗装だったり復活色だったりが出てるけど、もう買えないなぁ。 森博嗣先生のジャイロモノレールは第2回でひとまず終了。鉄道模型趣味 2010年 06月号 [雑誌]出版社/メーカー: 機芸出版社発売日: 2010/05/20メディア: 雑誌 クリック: 36回この商品を含むブログ (3件) を見る

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2010 5 No.808』 機芸出版社

…く見ると、下の方に「ジャイロモノレール〈第1回〉 森 博嗣」と書いてある。庭園鉄道のために小説を書いていると豪語する森先生が、満を持してのTMS初投稿だそうな。ネタはジャイロモノレールという、なにやら怪しげで面白そうなもの。第1回は主に歴史と原理の説明で終わったので、次回以降が楽しみだ。 Nゲージの近江鉄道高宮駅付近のセクションは、ディテールがいい雰囲気。もちろん全体の雰囲気もいい。 どの記事もついじっくり読んでしまって時間がかかっちゃった。鉄道模型趣味 2010年 05月号…