「ガラスの仮面」 美内すずえ @別冊花とゆめ 6月号

紅天女」の物語がこんなに語られたことがあっただろうか。つかめない二人。そして月影先生に助けを求めるマヤと、それをこっそり助ける真澄の義父っていうか、誰だっけ。
一方、先月号から別荘にいる詩織さんは、そんな間ずっとショックで動けなかったんだろうか。この辺の時間の流れは単行本で調整するのか?
それはさておき、亜弓さんは目に包帯巻いて入院してる(ベッドで起きてる)んですが、頭打って視力に影響が出てるんだから、目に包帯を巻くより安静の方が重要では。気になりますよ。
というわけで、次の単行本44巻は8月26日発売。連載は一時中断して8月26日発売の10月号から再開。
今月号の分までに手を入れて44巻になるのかな。続きは発売中の別冊花とゆめ10月号で!というパターンで。