a_sue’s diary

a_sue の日記 はてなブログ版

雑誌

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2021 8 No.955』 機芸出版社

表紙を飾っているのはTMSレイアウト・コンペ2021入選の「苫小牧1975」と題するNゲージのレイアウト。 というわけで、表紙をめくるとTMSレイアウト・コンペ2021入賞作品グラフィック。 この先の記事掲載が楽しみ。 個別記事では3ブロックで形成する「奥武蔵鉄…

『RM MODELS 312 2021-9』 ネコ・パブリッシング

特集 続・新旧気動車バラエティ。 それはさておき、「まきばを行く軽便列車を作りました」という記事で、羅須地人鉄道協会のオープンキャブスタイルの8号機を作る。 以前成田ゆめ牧場でトロッコ列車を見たが、蒸機は見てないんだよなぁ。 a-sue.hatenablog.…

『RM MODELS 311 2021-8』 ネコ・パブリッシング

特集 新旧気動車バラエティ。 気動車のいろんな方式が紹介されてて、知らなかったものもあって勉強になった。 反面、いろんな気動車の型式が紹介されてるわけではないのでその点は物足りなかったかな。 TOMIXの機関区レールセットを使って再現する気動車区と…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2021 7 No.954』 機芸出版社

20日が日曜なので、土曜にチェックと思ってたら金曜の昼休みに大手書店で遭遇。 表紙を飾っているのは1/80・16.5mmの貝島のコッペル32号機とアルコ22号機。 コンパクトサイズのNゲージセクション高島線千若町踏切は450×200mmに作り込んであって、踏切周りの…

『RM MODELS 310 2021-7』 ネコ・パブリッシング

特集は夢を実現!趣味の秘密基地(ホビールーム)。 ってことで、うらやましい世界。 紹介されてるのはレイアウトルームと工作室を兼ねたような例ばかり。 うらやましいね。RM MODELS (アールエムモデルズ) 2021年7月号 Vol.310 [雑誌]作者:RM MODELS編集部発…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2021 6 No.953』 機芸出版社

表紙を飾っているのは 13mm の C11 200。 ぱっと見に実物写真かと思っちゃいました。 中の記事を見ても、背景付きの写真は実物に見えます。 ディテールの作り込みと、写真のうまさですかね。 ~江マ鉄~日光軌道線はNゲージのレイアウト。 1300×650のスペー…

『RM MODELS 309 2021-6』 ネコ・パブリッシング

特集は春の鉄道模型総点検。 分解方法、清掃方法など。 興味のある記事がほとんどなかった。RM MODELS (アールエムモデルズ) 2021年6月号 Vol.309 [雑誌]作者:RM MODELS編集部発売日: 2021/04/21メディア: Kindle版

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2021 5 No.952』 機芸出版社

表紙を飾っているのはNゲージで再現した急行「土佐」の車輌たち。 中の記事を見ると、ぱっと見にNには見えないディテールがいい。 点描 究極の森林鉄道レイアウト 品川営林署井戸側林道は 1/87・9mmのレイアウト。 1999年に起工して2005年に竣工。その後も補…

『RM MODELS 308 2021-5』 ネコ・パブリッシング

特集は185系 天賞堂185系のインタビューとか、これでもかってほどある実物のバリエーションとか、KATOのグレードアップとか。 185系は1982年に課の旅行で伊豆に行った帰りに乗ったのが最初で、最後は10年ぐらい前に追加料金がいらない普通で東京から戸塚まで…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2021 4 No.951』 機芸出版社

20日が祝日で、金曜日に書店でゲット。 やっと読み終えた。表紙を飾っているのは、信州上田の車輌たちという記事から上田丸子電鉄モハ4256。Nゲージ製品の徹底加工でまとめた相鉄6000系新塗装か非冷房車4輌編成の記事、実車が廃車になり始めたのが1992年だそ…

『RM MODELS 307 2021-4』 ネコ・パブリッシング

特集は温故知新なニューモデルたち PREMIUM REVIEWで、KATOの新製品 415系100番台(九州色)に手を加えてる。 415系は愛の対象だけど、ここらへんになると実物を見たこともないのだが、それでも THE 近郊型の外観は好き。 さかつうぎゃらりーでで開催された…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2021 3 No.950』 機芸出版社

昨日ゲットしたんだけど、やっと読了。 表紙を飾っているのは「洛北の春」と題する16番の叡電鞍馬線市原駅のセクション。 セクションと思ったが、記事内でご本人が「ジオラマ」と書いていて、撮影にこだわった作品のようなので走行のための機能は持たないん…

『RM MODELS 306 2021-3』 ネコ・パブリッシング

特集は編集スタッフそれぞれの鉄道模型年始め!2021 えーと、新金線と加工して開放可能にしたカプラーとキハ07と。 20分で目を通し終えた。RM MODELS (アールエムモデルズ)2021年3月号 Vol.306作者:RMモデルズ発売日: 2011/01/21メディア: 雑誌

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2021 2 No.949』 機芸出版社

発売日にちゃんとゲットして読了。 表紙を飾っているのは16番ペーパー車体の近鉄10000系 VISTA CAR。 最初の記事は16番のC57 72だが、門鉄デフが美しいなぁ。 Nゲージの「JR中央東線下諏訪町内 御神渡り拝観式」は、諏訪湖の御神渡りを900×550のスペースで再…

『RM MODELS 305 2021-2』 ネコ・パブリッシング

特集は非営業列車。 今月号は好みの記事がなかった。 付録の空撮カレンダーはちょっと良かったかな。RM MODELS (アールエムモデルズ)2021年2月号 Vol.305【付録カレンダー】発売日: 2020/12/21メディア: 大型本

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2021 1 No.948』 機芸出版社

20日が日曜日で、以前は21日に出たことがあったけどAmazonを見ると19日発売になってるので駅前の本屋をチェックしたらあった。 表紙を飾っているのは 1/80・13mm のEF30。 表紙をめくると75周年記念のTMS アニバーサリー・チャレンジの告知。 レイアウトの記…

『RM MODELS 304 2021-1』 ネコ・パブリッシング

特集は塗装ツール&テクニック2021。 塗料の種類、ラッカー、水性アクリル、エナメル、アルコール系(マーカー)があると。 最後のは知らなかったな。マーカーってアルコール系なんだ。 それぞれの特性とか。 で、塗り方について筆塗り、スプレー、エアブラ…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2020 12 No.947』 機芸出版社

表紙を飾っているのは 1/87・9mm 究極のOberursel/Deutz短期等内燃機。 いい感じのレイアウトに見えるが、主役は中央のロコ。中の記事を読んで驚愕。内燃機関と同じメカニズムをネオジウム磁石とコイルで往復運動する形で再現して作動するという、なんか凄い…

『RM MODELS 303 2020-12』 ネコ・パブリッシング

特集はパンダ顔の電車。 筑肥線の103系以外あまり興味がないなぁ。 エア開催になった第16回軽便鉄道模型祭の写真が沢山。 昭和模型工作室はPLUMの電車庫を作ってみた、ってことでメイキング。 レーザーカットのペーパーキットを組み上げた細い骨組みが凄い。…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2020 11 No.946』 機芸出版社

表紙を飾っているのは16番のスカ線70系電車。 20輌作ったそうで、壮観。 巻頭カラーはエア開催となった軽便鉄道模型祭。細かな記事は載ってないのでそれは RM MODELS で。 レイアウトの記事は、1/87・16.5mm/12mmのHNモジュールのキャニオン鉄道。 HOゲージ…

『RM MODELS 302 2020-11』 ネコ・パブリッシング

今月も内容たっぷりで時間がかかっちゃった。 特集は映える情景の作り方〔応用編〕。 表紙を飾っているのはその記事の中で制作しているモジュールレイアウト。 分割レイアウトとして計画し、全体の線路配置までやってから、モジュールごとにシーナリィを完成…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2020 10 No.945』 機芸出版社

表紙を飾っているのは 1/87・12mm の国鉄最小のBLWテンダー 7000形。 BLWって何の略? 表紙をめくると、2022年にTMSが創刊75年を迎えるのでTMSアニバーサリー・チャレンジを開催するという予告。詳細は2021年1月号で発表とのこと。 最初の記事は、1/80・16.5…

『RM MODELS 301 2020-10』 ネコ・パブリッシング

昨日届いてて着手したんだけど、濃厚な内容で読み切れずやっと読了。 特集は映える情景の作り方〔基礎編〕。 情景工作の楽しみ方から、ベースや素材、工作技法などがたっぷり。 素材はバラスト、草・樹木、水表現など。 情景素材の取扱店なども紹介してあっ…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2020 9 No.944』 機芸出版社

表紙を飾っているのは 1/80・13mm のセクション、信州筑摩鉄道稲子口駅。 線路回りの雰囲気もホーム上の駅員さんの立ち姿も実にいい感じ。 本文記事は全ページカラー。 更にすごいのが植物ですよ。駅のまわりや線路の周辺にいろんな草が生えている、そのリア…

『チャンピオンRED 2020年9月号』 秋田書店

朝、桑田次郎の訃報を知って、昼休みに書店で追悼の何かやってないかと覗きに行ったらこれがあった。 「8マン VS サイボーグ009」が載ってるのってこれか。チャンピオンRED 2020年 09 月号 [雑誌]発売日: 2020/07/18メディア: 雑誌ふと見ると左上に付録で「…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2020 8 No.943』 機芸出版社

表紙を飾っているのは 1/80・16.5mm 試作気動車キハ90・91。 開くといきなりTMSレイアウト・コンペ2020入賞作品グラフィック。 トップを飾ってる陸前本線は 1/80・16.5mm のいっぺん大きな固定レイアウトなんだけど、実は5ユニットに分かれてコンパクトに収…

『RM MODELS 300 2020-9』 ネコ・パブリッシング

定期購読分が意外に早く届いてサクッと読了。 創刊25周年、300号記念でメーカー・同業他誌からのメッセージ多数。 現在の編集長は創刊当時学生だったとか、年月の経過を思うと同時に新陳代謝があるのだなとも思う。 同業他誌としてTMS現編集長であり、本誌創…

『RM MODELS 299 2020-7・8合併号』 ネコ・パブリッシング

先月お休みしたためか19日発売だった合併号。 19日に店頭で合併号として発売されてるのをチェックしてたのが、昨日のお出かけのあいだに届いてた。 特集は おさらい!!今時の貨物駅 ってことで、貨物駅のあれこれ。僕は貨物駅に興味が無かったんだとわかっ…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2020 7 No.942』 機芸出版社

20日が土曜日なので、近所の本屋で買うつもりだったら金曜に出てた。 表紙を飾っているのは「天井川と湿田跡のモジュール」と題する 1/80・16.5mmのモジュール。 300×600の、そんなに大きくないサイズに作り込まれた樹木や草が素晴しい。3年かかったというの…

『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2020 6 No.941』 機芸出版社

今月は昼の休憩時間に駅前の本屋まで行って買ってきた。チケット屋が閉まってるので久しぶりに現金で。 表紙を飾っているのは田植え日和と題する 1/48・16.5mmのモジュール。 ぱっと見にも田植えの苗がすごい。記事を読むと2400本手植えしたらしい。すごい。…