『スター・ウォーズ 禁断の真実(ダークサイド)』 高橋ヨシキ 新書y 洋泉社

昨日、こないだのアトロクで言ってた本が面出しになってるのに遭遇。 www.tbsradio.jp中をパラパラと見て、面白そうなので、本日図書カードを補充してゲット。 帰り道に歩きながら読み始めちゃった。スター・ウォーズ 禁断の真実(ダークサイド) (新書y)作者:…

『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本 (光文社新書)』 J・ウォーリー・ヒギンズ 光文社

紀伊國屋書店新宿本店の店頭で何面積みだったかな。 あれ?と思ったら「続」の文字が付いていた。 ぱらぱらと見ると、九州の鉄道で福岡市麦野、雑餉隈付近のC61の写真。町名としての麦野は国鉄に接してないのでどの辺だろうか。 前のもkindle版で大変満足だ…

『科学は不確かだ! (岩波現代文庫)』 リチャード・P.ファインマン(Richard P. Feynman) 大貫昌子:訳 岩波現代文庫 岩波書店

買ったのが2ヶ月前で、着手したのが1ヶ月前かな。 いろいろ割り込みが入りながら、持ち歩いてやっと読了。 科学する心のあり方について、という感じかな。 1ヶ月もかけて途切れ途切れで読んだので印象がハッキリしないが、簡単に信じないこと、疑うこと、考…

『北朝鮮急襲(下) (海外文庫)』 トム・クランシー スティーブ・ピチェニック ディック・カウチ ジョージ・ギャルドリシ 伏見威蕃:訳 扶桑社

当社比で比較的短期間で読了。 グリーンヴィルという潜水艦が出てきて、日本の水産高校の練習船えひめ丸を沈めた船だと書いてある。当時アメリカでは漁船と報じられたと聞いてたのでちょっと意外。原文でどう書いているかわからないし、訳者の解説で何か書い…

『北朝鮮急襲(下) (海外文庫)』 トム・クランシー スティーブ・ピチェニック ディック・カウチ ジョージ・ギャルドリシ 伏見威蕃:訳 扶桑社

都合によりリアル本屋に行かずにAmazonでポチッとしたのが夜届いた。 読みます。メディア: この商品を含むブログを見る

『北朝鮮急襲(上) (海外文庫)』 トム・クランシー スティーブ・ピチェニック ディック・カウチ ジョージ・ギャルドリシ 伏見威蕃:訳 扶桑社

持ち歩けるのでそれなりで読了。 タイトル通り北朝鮮が事を起こす話。 クランシーはもういないけど、彼が書いてきたスタイルでどのキャラにも人生があるのは引き継がれてる。 北朝鮮、中国、韓国、日本のことを違和感ない程度によく勉強してるなぁ。 下巻も…

『北朝鮮急襲(上) (海外文庫)』 トム・クランシー スティーブ・ピチェニック ディック・カウチ ジョージ・ギャルドリシ 伏見威蕃:訳 扶桑社

昼休みに本屋で遭遇。あ、出てたのかってことでそのままレジへ。 このシリーズは前回の反省があるので迷わず紙を買った。いや、買わない選択肢があったはずなのだが。 a-sue.hatenablog.comあいかわらず実際の著者をクレジットしない最低の作り。 と思ったら…

『物理法則はいかにして発見されたか (岩波現代文庫―学術)』 リチャード・P.ファインマン(Richard P. Feynman) 江沢洋:訳 岩波現代文庫 岩波書店

買ってからずいぶんたっちゃったけど、着手してからはそれなりで読み終えた。 ファインマン博士の1964年コーネル大学での講演とと1965年のノーベル賞受賞講演を収めたもの。 前者は星の動きから重力を導きだし、そこから話を広げていろんな分野の物理につい…

『民主主義の本質と価値 他一篇』 ハンス・ケルゼン:著 長尾龍一・植田俊太郎:訳 岩波文庫 白 16-1 岩波書店

なぜ読もうと思ったのか忘れたが、紀伊國屋書店本店で検索して店頭になかったのでAmazonでポチッとしたのが到着。 薄い本なのでさっさと着手して読んじゃう手かな。せっかく読もうと思ったんだから。民主主義の本質と価値 他一篇 (岩波文庫)作者: ハンス・ケ…

『ミヤザキワールド 宮崎駿の闇と光』 スーザン・ネイピア 仲達志(訳) 早川書房

昨日紀伊國屋書店本店別館で見かけた本。 別館はシュリンクされてたんだけど、今日本店の平積み台でそのままドンと山積みになってるのに遭遇して中をパラパラとチェックして、レジへ。 読みます。順番にね。ミヤザキワールド‐宮崎駿の闇と光‐作者: スーザン…

『聞かせてよ、ファインマンさん (岩波現代文庫)』 リチャード・P.ファインマン(Richard P. Feynman) 大貫昌子 江沢洋:訳 岩波現代文庫 岩波書店

文庫本なので持ち歩いて読んだ。 と言ってもついネット見てる時間もあったりして読書時間がなかなか確保できないんだけど、まあそれなりで。 痛恨だったのは新しいリュックの外側のポケットに入れといたらこないだの本降りの雨で、傘を差してたのに外側が少…

『科学は不確かだ! (岩波現代文庫)』 リチャード・P.ファインマン(Richard P. Feynman) 大貫昌子:訳 岩波現代文庫 岩波書店

えーと、何読んでて気づいたのか忘れたけど、チェックしてないファインマンさんの本があったのでゲット。 新宿紀伊国屋をチェックしても見当たらず、Amazonでも古本しかない状態で、状態良さそうなのをぽちっとして、台風が来る前にゆうメールで到着。 順番…

『国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか』 デービッド・アトキンソン 講談社+α新書 講談社

移動中のちょっとの時間と、家でも読んで比較的短時間で読了。 以前から経済が活性するためには労働者(=消費者)にお金を沢山渡さないとダメだと思ってたんだけど、この本を読むとそんな簡単な話じゃなかった。 そもそも生産性の定義を「生み出す付加価値…

『国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか』 デービッド・アトキンソン 講談社+α新書 講談社

ネットで見た記事で、最低賃金を上げても大丈夫ということであげられてた本。 いつか読もうと思ってたら、こっちの記事が引っかかった。 toyokeizai.netタイトルを見直すと「中小企業改革」というキーワード。 なるほどそういう話なのか。 ってことで、早め…

『Pythonエンジニア育成推進協会監修 Python 3スキルアップ教科書』 辻真吾 小林秀幸 鈴木庸氏 細川康博 技術評論社

10/7発売ということだったんだけど、昼休みに紀伊国屋新宿本店で遭遇。 あ、出てるんだ、ってゲット。 分厚くて重い本。Pythonエンジニア育成推進協会監修 Python 3スキルアップ教科書作者: 辻真吾,小林秀幸,鈴木庸氏,細川康博出版社/メーカー: 技術評論社発…

『天才の思考 高畑勲と宮崎駿』 鈴木敏夫 文春新書 文藝春秋

買ったのがここ。 a-sue.hatenablog.com 持ち歩き紙の本として着手したのは9/9らしいので、10日ぐらいで読んだ計算か。 鈴木さんが語った本なのでサクサク読めて当社比で比較的短時間で読んだ。 ジブリの教科書シリーズは途中まで読んでた。 a-sue.hatenablo…

図録『富野由悠季の世界』 キネマ旬報社

大きくて分厚くて重たい本。さすがにこれは持ち歩けなくて家で読んでたが、ようやく読了。 80年代までの作品はかなりしっかり追いかけてた。90年代に入ってから以降の作品はあまり見てないのだけど。 というわけで、本書の前半を読んでると当時の気分がよみ…

『ひとの気持ちが聴こえたら:私のアスペルガー治療記』 ジョン・エルダー・ ロビソン (著), 高橋知子 (翻訳) 早川書房

買ったのが2ヶ月前か。 a-sue.hatenablog.com やや大きなソフトカバーだけど、しっかり持ち歩いて読んだ。「TMS」というと、この日記では「鉄道模型趣味」のことなんだけど、この本では「経頭蓋磁気刺激」のこと。 アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)…

『高畑勲展 図録』

高畑勲展に行ったとき買った図録を、やっと読み終えた。 a-sue.hatenablog.com巨大で重たい本なので、家でしか読めず、また割り込みがいろいろ入っちゃうもんだから時間がかかるかかる。 といいながら、1年かかった『ユリイカ 高畑勲の世界』と比べれば1ヶ月…

『戦後怪奇マンガ史』 米沢嘉博 鉄人文庫 鉄人社

買ってずいぶん積ん読になってたけど、手を付ければ面白くてサクサク読了。 知ってる名前、知ってる作品の話が沢山。 小学生の頃通ってた貸本屋さんの右側の棚を占めてたちょっと古い本が『怪談』とか『影』とかだった。 怪奇マンガと劇画の貸本用の本だと知…

『ユリイカ 2018年7月臨時増刊号◎高畑勲の世界 -『太陽の王子ホルスの大冒険』『アルプスの少女ハイジ』『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』『かぐや姫の物語』…アニメーション監督の軌跡-』 高畑勲他 青土社

去年の夏に買ってすぐに着手したんだけど、なかなか読み進まなくて割り込み入りまくりでやっと読了。 奥付を見ると発行日が去年の7月15日になってる。 1年たっちゃったか。 高畑さんの作品作りについての論文がびっちり詰まったような本で、さらさらと読める…

図録『富野由悠季の世界』 キネマ旬報社

現在福岡市美術館でやってる「富野由悠季の世界」展。 GWに間違えて行ったときに現地のチラシはもらってきたんだけど、夏は帰らないので期間中に行くのは無理。 東京ではやらないし、諦めてたんだけど、昼休みに紀伊國屋書店新宿本店別館でどんと平積みに遭…

『ひとの気持ちが聴こえたら:私のアスペルガー治療記』 ジョン・エルダー・ ロビソン (著), 高橋知子 (翻訳) 早川書房

6/9の岡田斗司夫ゼミで紹介された本。 live.nicovideo.jp 公式でも岡田斗司夫ゼミで紹介されたと書いてる。 岡田斗司夫ゼミで紹介されました。『ひとの気持ちが聴こえたら』、冒頭試し読み|Hayakawa Books & Magazines(β)リアル「アルジャーノンに花束を…

『イスラム最終戦争 4 トム・クランシー ジャック・ライアン・シリーズ』 マーク・グリーニー 田村源二:訳 新潮文庫 新潮社

怒濤の展開でやめられず、夜中に自宅で読了。 燃える展開と、胸がすっとするライアン大統領の対応や記者あしらいとか。 アクションシーンもたっぷりで読んでてスカッとする(死語) マーク・グリーニーが書くのはこれが最後だそうなので、次がどうなるかちょっ…

『イスラム最終戦争 3 トム・クランシー ジャック・ライアン・シリーズ』 マーク・グリーニー 田村源二:訳 新潮文庫 新潮社

自宅で作業の待ち時間に読んだりして比較的短期間に読了。 2巻を読んだときに感じたのに書き忘れたこと、SNSって怖いってこと。 実際にもなんかの容疑者が匿名報道されてもあっという間に本名も自宅もさらされたりするけど、そういう技術を使ってテロの標的…

『イスラム最終戦争 3 トム・クランシー ジャック・ライアン・シリーズ』 マーク・グリーニー 田村源二:訳 新潮文庫 新潮社

Amazonで発売日は 5/29 ってなってたけど、コミックと違って普通の本の発売日って厳密じゃないから昨日からチェックしてたら本日遭遇。 図書カードの残が1冊分しかなかったので、とりあえず3巻をゲット。 辛抱たまらなくて職場に戻る途中で読み始めたんだけ…

『天才の思考 高畑勲と宮崎駿』 鈴木敏夫 文春新書 文藝春秋

昨日『熱風』をゲットしに行った紀伊國屋書店本店別館でシュリンクされてるのに遭遇。 本館に戻って文春新書の棚をチェックしたら、こちらは中を見ることが出来て、なるほど、ジブリ文庫の各作品のに収録された鈴木さんの語りと宮崎高畑との鼎談を収録なのね…

『イスラム最終戦争 2 トム・クランシー ジャック・ライアン・シリーズ』 マーク・グリーニー 田村源二:訳 新潮文庫 新潮社

いっきに、といっていいペースで読了。 アメリカに敵対する相手の情報が明かされ、双方の動きが並行して語られる。 まあ、あいかわらず非合法なことをしてる民間人なわけだが。 訓練のはずが実戦になったとこでぶった切るようにこの巻終わり! つづきがでる…

『イスラム最終戦争 1 トム・クランシー ジャック・ライアン・シリーズ』 マーク・グリーニー 田村源二:訳 新潮文庫 新潮社

クレジットによれば2016年の作品。 いろいろ割り込みが入った上に紙の本だったけど、持ち歩いてポチポチと読んで、最後は休日に外を歩きながら読んでたりして読了。 いろんな情報が漏れてるのではないかというような事件と、情報を手に入れてる側の話と、「…

『イスラム最終戦争 1、2 トム・クランシー ジャック・ライアン・シリーズ』 マーク・グリーニー 田村源二:訳 新潮文庫 新潮社

今朝読書メーターからのメールで気付いた。 まるで意識になかったが、前回も4月の新刊だったんだな。 a-sue.hatenablog.com というわけで、昼休みに図書カードを買って本屋へ。 新刊平積み台であっさり発見してそのままレジへ。 読みかけと読んでない本が山…