a_sue’s diary

a_sue の日記 はてなブログ版

アニメ

『ミヤザキワールド 宮崎駿の闇と光』 スーザン・ネイピア 仲達志(訳) 早川書房

買ったのはここ。 重たいハードカバーなので家で少しずつ読んでたが、遅々として進まず、この連休に読み終えないとまたしばらく先になると思って最後の100ページほどを一気に読んだ。 膨大な文献にあたって、宮崎駿の生い立ちにまでさかのぼってそれが作品に…

アニメ『映像研には手を出すな!』 第8話 @NHK-G

ちゃんと毎週見てます。 今週は学園祭でロボ研のアニメを上映するところまで。 原作にない箸の持ち方のエピソードとか入れて、より細かく面倒な方向に突っ込んだアニメ化がしびれる。 アニメーターは演技者。 ラストはちょっとウルウル来てた。 このアニメ化…

『赤毛のアン #18』 @WOWOWメンバーズオンデマンド

第18章 アン、ミニー・メイを救う 総理大臣がプリンス・エドワード島を訪問した夜、ダイアナの妹ミニー・メイの具合が悪くなって、頼りになる大人たちがいない中で隣のアンに助けを求めるダイアナ。 3組の双子の面倒を見た経験を持つアン・シャーリーはミニ…

『赤毛のアン #17』 @WOWOWメンバーズオンデマンド

第17章 アン、学校にもどる ダイアナのお母さんはまだアンを許してくれなくて、一人ぼっちのアン・シャーリーは学校にもどる決意をする。 何が幸いするかわからない。 学校にもどって友達に歓迎され、ギルバート・ブライスも関係修復を願ってるようだけど、…

『赤毛のアン #16』 @WOWOWメンバーズオンデマンド

第16章 ダイアナをお茶に招く マリラがお出かけした午後、アンはダイアナ・バーリーをお茶に招くが、出したイチゴ水が実は葡萄酒だった! 怒ったバーリー夫人はダイアナをもうアンと遊ばせないと。 って、この回の中で修復されるかと思ったら絶望のままこの…

『赤毛のアン #15』 @WOWOWメンバーズオンデマンド

第15章 秋の訪れ 学校に行かなくなったアンの生活。 チョコレート・ブラウニーを作るときに卵と楓糖を使う。今はメイブル・シロップを知ってるけど、これをテレビで見た頃は知らなかったな。 ボウルに入れたそれらを泡だて器でかき混ぜるアンのぎこちない手…

『赤毛のアン #14』 @WOWOWメンバーズオンデマンド

第14章 教室騒動 ギルバート・ブライスの頭でアン・シャーリーが石板を割る話。 というだけの記憶しかなかったんだけど、ギルバートってお父さんの病気のせいで学校を休んでたりして結構年上の同級生だったのね。 先生に辱めを受けたアンが学校に行かない宣…

『赤毛のアン #13』 @WOWOWメンバーズオンデマンド

第13章 アン・学校へ行く 放送してた頃に第12章までオンデマンドで見たんだけど、その続きをメニューで捕まえられなくてあと3クール分見られないなーと持ってたら、今日まだメニューに載ってるのに気づいた。配信終了が3月11日ということで最後まで間に合い…

アニメ『映像研には手を出すな!』 第5話 @NHK-G

夕方やった4話まで一挙放送を受けての第5話。 単行本新刊で、このつづきは雑誌最新号で読めます的な。エピソードは原作第2巻に突入。第8話から第10話を丁寧にアニメ化。 何が丁寧って、原作で浅草氏の設定図はすべてきっちり入れてくるし、ロボ研のバックに…

アニメ『映像研には手を出すな!』 第1話~第4話一挙放送 @NHK-G

日曜深夜にやってるアニメを、日曜夕方一挙放送。 第3話をうっかりして見損ねてるのでありがたい。 あらためて第1話から通して見直すと、これ深夜でやらなくてもいいんじゃない?普通に土曜の夕方とか。 第3話で予算審議会の準備に入ってたのね。 で、第4話の…

アニメ『映像研には手を出すな!』 第4話 @NHK-G

先週はうっかりWOWOWで映画を見てて見損ねた「映像研には手を出すな!」。今週はしっかり視聴予約を仕掛けてちゃんと見た。 原作第1巻のラストエピソード。予算審議会でデモする話。 実際に動かした映像を見せながら、その製作過程とプレゼンを描く。 原作で…

アニメ『映像研には手を出すな! 第2話』と『みんなのうた』 @NHK-G

先週から始まった「映像研には手を出すな!」のアニメ第2回。 「映像研には手を出すな!」は次男に教わって読み始めてはまった作品 「映像研には手を出すな!」の検索結果 先週の第1回もちゃんと見てるはずなんだけど、飲み過ぎてたのか記憶が曖昧。 それで…

『文藝別冊 総特集 片渕須直 逆境を乗り越える映画監督』 KAWADE夢ムック 河出書房新社

途中の色々な割り込みは置いといて、休み中に読み終えようという気持ちでなんとか間に合った。 片渕須直の名前はかなり昔から目にしてた記憶があるのだけど、まさか「名探偵ホームズ」の時大学生だったとは。 「この世界の片隅に」の本ではないので、過去作…

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 @MOVIX亀有

13:30の回、シアター2のH-8, H-9。 前回シアター2で見た時のコメントを見て一つうしろにしてみた。結構良かった。 いや、その前に日本全国12/20公開かと思ってたんだけど、ここは12/27公開なので、今日の予定をチェックするとなんと1日2回。うーん、3年前の…

『文藝別冊 総特集 片渕須直 逆境を乗り越える映画監督』 KAWADE夢ムック 河出書房新社

ライムスター宇多丸のアフター6ジャンクションで出るのは聞いてた。 昨日本屋の店頭でどんと何面積みだかに遭遇。 パラパラ見ると、宇多丸さんとの対談がどこまで行っても終らなくてなんかすごくディープ。 これはやっぱ買うしかないよなってことで、本日チ…

『太陽の王子 ホルスの大冒険 オリジナル・サウンドトラック』 間宮芳生 CINEMA-KAN Label

木曜の夜気付いた。 ホルスのサントラ。そうか、出てなかったのか。ホルスのサントラは、90年代に出た「東映動画長編アニメ音楽全集」を持ってるのでまあいいかなぁとも思ったのだけど、東映動画長編アニメ音楽全集アーティスト:サントラ,松島みのり,フォン…

『漫画映画漂流記 おしどりアニメーター奥山玲子と小田部羊一 Kindle版』 小田部羊一 藤田健次 講談社

着手したら面白くて、歩きながら iPod touch で読み続けて読了。 東映動画出身の方々の話はいろんな形で読んでるのでそれなりに知ってるつもりだったけど、さすがに夫婦の機微に関することまでは知らないので面白い。 奥山さんが結婚しても奥山で通してた話…

『漫画映画漂流記 おしどりアニメーター奥山玲子と小田部羊一 Kindle版』 小田部羊一 藤田健次 講談社

今期の朝ドラ『なつぞら』のモデルになった奥山玲子さん。その夫である小田部羊一さんが語った二人の話、なのかな。 発売時に紙の本を店頭で見て、あとで買おうと思って保留にしてたらいつの間にかkindle版も出てて、しかも紙より安い。 読む本があるのであ…

『天才の思考 高畑勲と宮崎駿』 鈴木敏夫 文春新書 文藝春秋

買ったのがここ。 a-sue.hatenablog.com 持ち歩き紙の本として着手したのは9/9らしいので、10日ぐらいで読んだ計算か。 鈴木さんが語った本なのでサクサク読めて当社比で比較的短時間で読んだ。 ジブリの教科書シリーズは途中まで読んでた。 a-sue.hatenablo…

『赤毛のアン #11~#12』 @WOWOWメンバーズオンデマンド

第11章 マリラ・ブローチをなくす 第12章 アン・告白する 2話続きなのでちゃんと続けて見た。 いや、本放送はもちろん週1回で、しかもこの第12章を本放送で見ることが出来なかったという曰く付きのエピソード。 もちろん再放送でちゃんと見てるんだけど、こ…

『赤毛のアン #9~#10』 @WOWOWメンバーズオンデマンド

見るものがない時間に見た。 第9章 おごそかな誓い 第10章 アン・心の友と遊ぶ いやー、ダイアナと出会う回は「アン・心の友と出会う」だと思い込んでた。この2回がごっちゃになってたか。 もちろんダイアナ・バーリーと初めて会って心の友になる話。 「ドラ…

『赤毛のアン #7~#8』 @WOWOWメンバーズオンデマンド

見るものがないわけじゃないんだけど2話分見た。 第7章はレイチェル・リンド夫人がやってきてアンの目の前で容姿のことをあれこれ言ったのに激怒するアン。 謝りに行くあたりの話の流れが最高に笑える。 第8章は日曜学校に行く途中で帽子の花飾りを作ったり…

図録『富野由悠季の世界』 キネマ旬報社

大きくて分厚くて重たい本。さすがにこれは持ち歩けなくて家で読んでたが、ようやく読了。 80年代までの作品はかなりしっかり追いかけてた。90年代に入ってから以降の作品はあまり見てないのだけど。 というわけで、本書の前半を読んでると当時の気分がよみ…

『赤毛のアン #5~#6』 @WOWOWメンバーズオンデマンド

特に見たいものもない夜に続きを。 マリラがいろいろ考えたであろうことは何も語らせず、結論だけ。 そして幸せに浸るアンの幸せぶりといったら。 女の子のおしゃべりが楽しい。 老齢にかかっている兄妹の、高齢者だけの家がどんなに平板でわくわくすること…

『赤毛のアン #1~#4』 @WOWOWメンバーズオンデマンド

高畑勲監督テレビシリーズの最後。 本放送ではもちろん見てるんだけど、キャラデザがかわいくなくて積極的には見てなくて、少なくとも本放送で見損ねた回を見た記憶はあるので再放送で1回?いや、VHSで再放送を録画してると思うけどもうテープは失われてるし…

『高畑勲展 図録』

高畑勲展に行ったとき買った図録を、やっと読み終えた。 a-sue.hatenablog.com巨大で重たい本なので、家でしか読めず、また割り込みがいろいろ入っちゃうもんだから時間がかかるかかる。 といいながら、1年かかった『ユリイカ 高畑勲の世界』と比べれば1ヶ月…

『天気の子』 @MOVIX亀有

15:40の回、シアター10のK-24, K-25。 世間で大絶賛の『君の名は。』を試写会で見た時にいまいちだったのであまり積極的に見に行くつもりもなかったんだけど、本屋に行くついでに映画見ようかと言うことでこれに。 一番大きなシアター10が8割り方埋まってた…

『高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの』 @東京国立近代美術館

今日、叶精二さんのトークイベントがあるのは知ってたんだけど、開場の10時にいっても整理券は手に入らないと思ってかみさんには特に伝えず、普通に休日の朝を過ごして参院選の投票を済ませて到着したのが12時頃。 www.momat.go.jp 前の人がトークショーのこ…

金曜ロードSHOW!『サマーウォーズ』 @日本テレビ

地上波初の本編ノーカットというし、しばらく見てないし、夏だし、ってことで見た。 これまでカットされてた高校野球のシーンがあるとこが違うんだけど、細田守作品をずっと見てきて、やっぱこれが一番いいなぁ。話も破綻してないし。 それにしても公開から1…

『ユリイカ 2018年7月臨時増刊号◎高畑勲の世界 -『太陽の王子ホルスの大冒険』『アルプスの少女ハイジ』『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』『かぐや姫の物語』…アニメーション監督の軌跡-』 高畑勲他 青土社

去年の夏に買ってすぐに着手したんだけど、なかなか読み進まなくて割り込み入りまくりでやっと読了。 奥付を見ると発行日が去年の7月15日になってる。 1年たっちゃったか。 高畑さんの作品作りについての論文がびっちり詰まったような本で、さらさらと読める…