a_sue’s diary

a_sue の日記 はてなブログ版

『萩尾望都と竹宮惠子 大泉サロンの少女マンガ革命 (幻冬舎新書) Kindle版』中川右介 幻冬舎

月曜から読むと書いたけど、結局着手して一日家にいるあいだに読み終えた。
萩尾望都竹宮恵子が、手塚治虫の影響からマンガを描くようになり、大泉で共同生活を送った頃までとその後日譚的な話。
著者の著作を検索するとマンガ評論を専門にやってる人に見えないんだけど、あとがきまで読むとそれなりのマンガ読みらしい。
マンガ読みがマンガ評論家たり得るかというのは置いといて、とりあえず膨大な過去資料を参照して複数の証言を付き合わせて事実をあぶり出そうというスタンスで、真面目に調べてる印象。
あげられてる資料の一部は読んでるけど、読んでも記憶に残ってないことが大半かな。
増山法恵さんが最初萩尾望都のファンだったというのは初めて読んだかも。
芋づる式にいろんなマンガ家の話も読めておもしろい。
西谷祥子の話とかほとんど読んだことなかったし。ただ、ギムナジウムものが出てくるんだから「学生たちの道」にちょっとは触れて欲しかったが。
で、大泉サロンの時代。
僕が読んだのは「ポーの一族」が全3巻で、「トーマの心臓」の連載は終ったあとで「この娘うります」が始まる前ぐらいから。だから「この娘うります」は初回から連載分を読んでいる。
その後1981年春ぐらいまでの萩尾望都の雑誌掲載分はほとんど追っかけてるし、竹宮恵子もメジャー処はだいたい押さえてて、この本では出てこない「夢見るマーズポート」もちゃんとスクラップしてたりする。
そういう作品を読みながら、少年マンガと違って少女マンガはなんでもできる懐の広さが凄いとか思ってた。まあ、他誌で和田慎二柴田昌弘がいろいろ描いてたのもあるが。
それをこの頃勝ち取ったというのは『少年の名はジルベール』で読んだが、増山さんが革命を起こそうとした結果だったというのは初めて知ったかも。
とりあえず、休みを一日つぶして一気読みするくらい面白かった。

『萩尾望都と竹宮惠子 大泉サロンの少女マンガ革命 (幻冬舎新書) Kindle版』中川右介 幻冬舎

発売日前後に書店店頭で見かけて中をパラパラと見て、これは読まないわけにはいかないと思った本。
フラワーコミックスの「ポーの一族」が全3巻だった頃に萩尾望都を読み始めて、芋づる式に竹宮恵子も読むようになって、という過去があるので時期的にドンピシャ。
kindleはいつでも買えるので、読みかけがあるときに買ってもしょうがないから保留にしてたもの。
月曜の通勤から読みます。

『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略 Kindle版』 リンダ・グラットン アンドリュー・スコット 池村千秋 (翻訳) 東洋経済新報社

Amazonからコピペしたタイトルが全角なので「LIFE SHIFT」で検索したときヒットしなくて焦った。
kindleなので紙を広げにくい電車の中や、風呂の中、歩きながら読んだりしてたんだけど、今日は終わりが近いので家でも読んで読了。
統計的データが今の若い人は100年以上生きる可能性が高い時代になっていると。
現在の、教育、労働、引退後の3ステージの人生パターンはもはや通用しなくなっていると。
実際祖母が90歳以上まで生きたし、父も今年95だし、自分もそのくらいまで生きる可能性が高いかもという気がする。
昨年生まれた孫は確実に22世紀まで生きるんだろうな。
で、60で引退するモデルはもはや通用しない。60で引退するなら老後資金のための貯蓄を収入に対してとんでもない率で貯めないと足りない。
ついこないだ人生90年で老後資金が2000万足りないとかいう話が出たけど、そもそも前提が今の定年制を前提にしているのがダメで、働く時期と学習してスキルアップする時期を混在させながら引退の時期を延ばさないとやっていけない。
我が身をふり返ると、機械系の大学を出て機械の設計者として働き始めたけど、10年後にIT業界に移って、管理の仕事に就いてた時期もあるけど早めに退職して、今は現役プログラマをしながらディープラーニングなどの勉強をしてまだまだ現役を続けるつもりでいる。今の会社はそういうのを支援してくれるし。
自分で意識はしてなかったけど、この本に書かれているようなことの一部はやれているのかもしれない。
IT業界に移った頃にパソコン通信を始めて、その時知り合った人たちとは今もつながってて、そういうとこもただ会社の仕事をしてる以上の無形財産を持つことが出来てる。
昔は子供と労働者しかいなかったのが、子供と労働者のあいだにティーンエイジャーがうまれ、労働者のあとに引退後というステージが生まれたように、これからの時代は勉強と労働をうまく使い分けながら長く働く新たなステージが生まれていくのだ。
と考えると老後資金が足りない話は、もっと働き続けて現役を続ければいいのだと思えて少し気が楽になった。
ちなみに第一世代のオタクとしていろんな面白いモノに触れてきたのが、今の人生を豊かにしてくれてるし、子育てにもいい影響があったと付け加えておこう。
人生はこれからだ。

『ONE PIECE(ワンピース) 巻九十六 "煮えてなんぼのおでんに候"』 尾田栄一郎 ジャンプコミックス 集英社

週刊少年ジャンプ 2020年3号~10号、12号、13号、15号、16号掲載分。
普通に発売日にゲット。
コマの外が黒いので過去だというのはわかるが、さっぱりわからん。
ワノ国編の最初から読み返さないと無理かも。
長い長い過去話のあと現在に戻って、ドドドン!!

ONE PIECE 96 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 96 (ジャンプコミックス)

曳舟川通りと葛西用水桜通りの桜

新型コロナウイルスで外出自粛ではあるけど、散歩に。
天気も良くて、環七通り大谷田陸橋の北側にある葛西用水桜通りの桜が昨日きれいだったとかみさんが言うので早めに出撃。
曳舟川通りの桜並木が満開桜吹雪状態でもうこれだけでも十分なくらい。
f:id:a_sue:20200404103643j:plain
快晴の空に桜のピンクが映える。
大谷田陸橋をくぐって葛西用水桜通りに出ると、そこは延々と続く桜のトンネル状態。
f:id:a_sue:20200404111216j:plainf:id:a_sue:20200404111520j:plainf:id:a_sue:20200404111754j:plainf:id:a_sue:20200404111828j:plain
途中のライフで食料を調達してそのへんでちょっと一休みして、足立区立郷土博物館の先で引き返す。
せっかくなので大谷田陸橋そばの中川公園をぐるっと回ると広い芝地のまわりに桜。
f:id:a_sue:20200404125533j:plain
帰りの曳舟川親水公園は風が強くてさらに桜吹雪。
最後に亀有さくら通りの桜を見たら、ここはもう盛りを過ぎた感じだった。
f:id:a_sue:20200404133335j:plainf:id:a_sue:20200404133803j:plain
3週連続の桜、今年も堪能しました。

『年収が10倍になる速読トレーニング Kindle版』 苫米地英人 コグニティブリサーチラボ株式会社

読みかけがたくさんあるんだけど、Amazon Prime Reading で目に付いたのでレビューをチェックしたらよさげ。
読むスピードが上がれば貯まってる積ん読も読みたくてまだ買ってない本も消化できるので読んでみた。
結果ヱヴァを横目で見たりしながら1時間半ちょっとで読了。

意識して早く読むだけでも速度は上がる。
さらに同時並行で隣の行も視界に入れる。
とかいろいろ。と書いてる時点でちゃんと理解したのか怪しいが。
思考速度を上げる。
知識が増えれば読む速度も上がる。
まあ、実際この本を意識して早く読んだら1時間半ちょっとで読み終えることが出来たので、まずだらだら読むのをやめよう。
ちょっと勉強になった。

しかし、kindle版には奥付の類いが全くなかったのだけど、どうなってるの?

『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』 青山通 新潮文庫 あ 101 1 新潮社

同時進行で自宅と通勤電車と歩行中で複数の本を読み分けてたんだけど、止まらなくなって帰宅しても読み続けて読了。
小学生の時に見たウルトラセブン最終回の音楽を探し求めて7年後にたどり着き、その後もいろいろあった話。
著者は音楽をやってたそうなので、そこからクラシックのディープな世界に入って行って、音楽関連の仕事をし、冬木透ご本人に最終回の音楽についてインタビューまでしてしまう。
その気持ちわかるし、実にうらやましい。
似たようなことは僕もいろんな作品・ドラマなどの音楽でやってるけど、クラシックには行かなかった。小中と音楽は2だったし。
タイガーマスク」の最終回の曲を長年追い求めたり、小学生の頃見た「密会」というドラマのテーマ曲が好きだったんだけど、高2の時にたまたまそのメロディに遭遇して、ブラバンの同級生にアランフェス協奏曲だと教わったり。NET版「鬼平犯科帳」初代のテーマ曲が手に入らなくて今も悶々としていたり。
クラシックだとバッハの小フーガを中学校の音楽の時間に聴いてすっかりはまってLPを買ってもらったのが授業で聞いたのと同じ演奏だったのだけど、今はもう聞けなくなってるのでCDで同じ演奏が入ってるのがないかと探し求めたりしてたのが、なんとYouTubeにそのものの演奏があった、とか。
a-sue.hatenablog.com
Barry Gray の本物のサントラ盤が手に入るようになったのもうれしかったなぁ。
そんなこんなをいろいろ思い出しながら、わくわくしながら読んだ。
ちなみにウルトラセブンは本放送でしっかり見てて、今現在も手元にDVDがあるので、時間があるときに最終回を見返そう。
ヤマト・ガンダムのアニメブームから特撮作品の放送当時は出なかったサントラが出るようになった中で、冬木透と冨田勲はちょっと特別だったと思ってたけど、ウルトラセブンの音楽全体を冬木透ご本人がやってたというのは知らなかった。読んで忘れてるだけかもしれないが。
読みながら考えてたことをとりとめも無く書いちゃったけど、凄く面白かった。