『海街diary 6 四月になれば彼女は』 吉田秋生 flowers comics 小学館

初出

いちがいもんの花 月刊flowers 2013年3月号
逃げ水 月刊flowers 2013年7月号
地図にない場所 月刊flowers 2013年11月号
肩越しの雨音 月刊flowers 2014年3月号
四月になれば彼女は 月刊flowers 2014年7月号

ああ、まだ連載が続いてるのね。
というわけで最新刊に追いついたのか。

今回はイヤな人が出てくる話があるのだけど、その処理がマンガの特性を上手く生かして実に見事。笑える中で、ちゃんとイヤな人を描く。
新しい出会いと、別れ。
いろんな経験をして人は人の気持ちがわかるようになる。わからない人はいつまでたってもわからないけどね。

4ヶ月に一度の連作短編形式だから、直接つづく話はこれまでなかったのに、今回は時間的につながってるエピソードがあったのがちょっと珍しかった。そのせいか1回分がちょっと短めで、5回分収録となったのかな。
さて、次は11,3,7,11月号分収録で11月に出るか、来年の3月号まで収録で3月に出るか。
小学館も今は奥付の発行日付が実際の発売日とあってるようだ。