『ガラスの城の記録 [Kindle版]』 手塚治虫 手塚プロダクション

初出 昭和45年1月22日号〜昭和45年4月23日号 現代コミック 連載、昭和47年12月22日号〜昭和48年2月23日号 COMコミック 連載(未完)
これも安かった。
舞台は1992年で、その20年前に冷凍睡眠に入った家族が目覚めるところから始まる。なので連載が始まった時点でも近未来の物語。連載開始は大阪万博が始まるぎりぎり前か。
少年誌に「アポロの歌」や「やけっぱちのマリア」を連載してたのと同時期だけど、青年誌なのでいろいろ遠慮がない。伯父と姪の近親相姦もあるし。って、手塚治虫は近親相姦好きだな。
性よりも暴力の方がさらに遠慮がなくて、なかなか。
これからというところで中断してるのは、掲載誌がなくなったからかな?単行本化に際してもけりをつけてないのは、多分思い入れもない作品だったのだろう。
とりあえず普通のマンガなので、この前に読んだのよりはすんなり読んだ。