『Python スタートブック』 辻真吾 技術評論社

読んでるってのをこの辺で書いてるんだけど、やっと最後まで到達した。
昔から「言語は身体で覚える」と言われてて、手を動かさないと身につかないので、中に出てくるコードは基本的に自分のPCの環境で打ち込みながら読んでた。
Pythonインタラクティブシェルを使ってたのがIPythonになったり、ソースファイルを秀丸で書いてたのがPyCharmを使うようになったり、環境も日々進歩しながらPythonがだんだん身についてきた今日この頃。
この本の最後の方でlistやdictの使い方のヒント的な例がいくつかあげてあって、いろいろ面白そう。
まだ何も使えるものを書けてないので、これからこれから。

Pythonスタートブック

Pythonスタートブック