スラブ軌道のつくり方

東北縦貫線の工事が進んでるのだけど、その関連で御徒町から秋葉原にかけての留置線も工事中。
高架の上のバラストを全部除去して、鉄筋を植え、なにやら板で囲ってたと思ったらそこにコンクリを入れて、さらにまとめてどうやらスラブ軌道を造ってる様子。
御徒町側から工事を始めて秋葉原に向かって進めてるので、一番御徒町よりはほとんどできあがり、秋葉側はまだ鉄筋が出てる状態で、工事の手順が順番に見られるなかなか面白い状況。
見やすいのは京浜東北線南行なので、できあがっていくのを逆にたどるような順番になるけど、通常高架の上で工事してるスラブ軌道の制作過程を見ることができるのは結構貴重なチャンスかな。
と言うわけで、毎朝楽しみに見てます。