『藤子・F・不二雄大全集 パーマン 6』 藤子・F・不二雄 小学館

初出 『小学一年生』1967年3月号〜1968年8月号、『幼稚園』1967年3月号〜1968年9月号、『よいこ』1967年3月号〜1968年6月号、『めばえ』1967年3月号〜1968年7月号、『小学館の絵本 パーマン』1967年6月25日発行、10月25日発行、『小学館の幼児絵本 パーマン』1967年8月1日発行、『小学館の絵文庫 パーマン』1967年発行。
届いたのはここ
今回は贅沢にオールカラーだ。ってか、『めばえ』にまで載ってたの? 学年誌の場合、主人公の年齢をその本の学年に合わせることが多いけど、さすがに幼年誌ではお兄さんの活躍になっている。それにしても軒並み3月号から始まってるのって何なんだ。『幼稚園』の1967年3月号でいきなりパーマンがわるものをつかまえたあと、『小学一年生』1967年4月号でパーマンになったいきさつと小学一年生のミツオという展開。むずかしいわ。
そんなことはおいといて、学年ごとのこの描き分けってすごい。編集さんから対象ごとのポイントとかあるんだろうけど、この微妙な描き分けは今のマンガ家にはできないだろう。というか、こんなことしてたのって、藤子不二雄以外にいなかったのでは?

パーマン 6 (藤子・F・不二雄大全集)

パーマン 6 (藤子・F・不二雄大全集)