『カラー版鉄人28号限定版BOX 3』 横山光輝 小学館クリエイティブ

初出

砂漠の怪ロボットの巻(上) 1965年9月
砂漠の怪ロボットの巻(下) 1965年10月
VL2号の巻(上) 1965年11月
VL2号の巻(中) 1965年12月
VL2号の巻(解決編) 1966年1月
光る物体の巻 1966年4月

届いたのはここ

カッパコミクスが全20巻なので、BOX 3は6冊。その代わり、カッパコミクスの表紙絵集の冊子がついている。
このBOXに収録されているのは全部リアルタイムで連載を読んでいるので、逆にどうでもいい感じがしたりして。

発行時期はおおざっぱに連載から1年後ぐらいで、20巻目の「光る物体の巻」が出たのがまだギャロンが完結するぎりぎり前。なので、描き下ろしの表紙絵はすべて連載中に描かれた絵ということになる。タッチに違和感がないのはそのせいだよね。
サンデーコミックスに収録され始めたのが1970年。連載終了から4年で、まだタッチが大きく変わってないので描き下ろし表紙もぎりぎりOK。その次の秋田コミックス・セレクトになると違和感があってちょっと受け入れがたくなる。

「光る物体の巻」で、2カ所ほどセリフの貼り間違いに気づいたけど、あれは元のカッパではどうだったのだろう。

辻真先さんの小説が、さすがという感じで面白かった。

カラー版鉄人28号限定版BOX〈3〉

カラー版鉄人28号限定版BOX〈3〉