レンタカーで猪苗代湖から裏磐梯へ

恒例になってきたGWの温泉。2年続けて草津温泉に行ったが、今年は裏磐梯方面へ。
8時に予約してあったレンタカーを取りに行くと、待っていたのは日産ウイングロード。1500ccクラスを選んだけど、普通の乗用車で良かったのにな。ま、いいか。ウィングロードは3回目。
千住新橋から首都高に乗って、川口から東北道

先日の関越道高速バスの事故で、防音壁に刺さったのはどう見ても道路の構造がおかしいので、他はどんなか見ながら走る。ちゃんとしてるところは手前のガードレールが防音壁の内側に被さるようになってて、こすりながらいってもそのまま防音壁までこすり続ける形。でもガードレールが途切れてるところや、防音壁から生えてるところもあって、これだとこすりながら行ったら前面をぶつけちゃう。あとで、時期によって規則が違って、古い規則のとこはぶつかる構造でもいいことになってるらしいと知った。だめじゃん。
事故を起こしたのは運転手と会社の責任かも知れないが、人が死んだのは道路の構造のせいだと思う。

それはさておき、20代の頃年に2回走ってた東名と違って、30代になって初めて走った東北道はいつまでたってもどの辺に何があるとか覚えないなぁ。
何度も行った宇都宮JCTを過ぎ、一度だけ行った那須ICを過ぎると初めての道。郡山JCTから磐越道に入り、猪苗代磐梯高原ICで降りる。
猪苗代湖と言えば野口英世ですよね。
というわけで、野口英世記念館へ。
公益財団法人 野口英世記念会
一回り見たあと、そばのラーメン館に入ってみるが、バイキング形式で待ってる人多数。
移転のお知らせ
そんなにいろいろ食べたいわけではないのでやめにして、別のお店で普通に喜多方ラーメンをいただく。おいしゅうございました。
猪苗代湖を離れて、磐梯山ゴールドラインへ。
http://www.dorokosha-fukushima.or.jp/douro/goldline/index.html
無料開放だけど、料金所のブースには人がいたなぁ。
雲が多く、日が陰るとなんか冬の景色に見えてしまう。気分良く曲がりくねった道を上がり、登山口のところで止まる。バイクの人たちや、駐車してるらしい車多数。あとで磐梯山の山開きはまだだと知った。
桧原湖に降りる。福岡の人間にとって、「桧原」は「ひばる」だが、ここは「ひばら」らしい。
車の硝子越しに外を見てたのだけど、気候がいいので窓を開けたら色がまるで違う。硝子越しだとずいぶん青っぽく見えてたのが、硝子を開けると木々がずっと赤っぽい色なのね。
で、本日の宿、ホテルグランデコに到着したのが予定より早い14:40ぐらい。
裏磐梯で一番星空に近い宿|裏磐梯グランデコ東急ホテル【公式】
駐車場に車を駐めて、荷物を持って玄関ロビーに行くと、もう部屋には入れるとのことだったのでチェックイン手続をして部屋へ。
あとはのんびりだらだらと温泉に浸かって、ビールを飲んで、夜はしゃぶしゃぶで日本酒。南会津花泉というのがオススメと書いてあったのでいただく。
花泉酒造合名会社
辛口でおいしゅうございました。ひとりで2合飲んじゃった。

本日の走行距離311.4km。