『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 字幕版』 @WOWOW

始まる前に気がついて、ほぼ最初から見たのだけど、字幕なのによそ見しながら見てたので話がちゃんとわかってなかったりして。
かつて「バードマン」という映画の主役として活躍した落ちぶれ俳優が、現実と妄想の狭間であれこれ?
途中でカメラの動きがおかしいことに気付いて、そういえばワンカットの映画だったか?と、それからは集中して見た。
見てると、鏡に向かって座る人物の背後から鏡に映った顔を映してカメラもカメラマンも映らないというのは、ちょっと不思議。でもけっこう昔からあるかも。
落ちぶれた映画俳優が舞台で再起を図るような物語だった?というほど落ちぶれてもいないか。裸で街を歩くとみんなが声をかけるくらいには有名。
時々見せる超能力が夢か現か。
なんだかモヤモヤしたまま終わった。