『若おかみは小学生!』 @MOVIX亀有

11:40の回、シアター1のF-10, F-11。
ネットですごく評判が良くて、金曜のアトロクでも宇多丸さんが絶賛。
昨日の朝、やっぱりこれは劇場で見ておいたほうがと思ってスケジュールをチェックしたら、MOVIX亀有は今日が最終日で11:40の回だけ。席が二つだけ埋まってる状態だったのでほぼセンターを確保。
やや前で少し見上げる感じだったけど問題なし。
11時半に入場開始して、ほぼ満席だったかな?本来のターゲットである小学生含む家族連れが多かった印象。

交通事故で両親を失った小学生の女の子が、祖母の旅館で若おかみになる、というのが大筋。
高坂希太郎監督の前作『茄子 アンダルシアの夏』『茄子 スーツケースの渡り鳥』は配信で見てる。
a-sue.hatenablog.com
東映動画からジブリにつながる正統派のアニメーションが、見てる間アニメだからどうこう言う部分が全く意識にのぼらないレベルで完成されてて素晴らしい。
悪人が出てこない、子供の成長物語。
楽しくて、ちょっとだけ泣けて、いい映画でした。
パンフは買ったけど、これを各辞典でまだ読んでません。エンドロールを完全収録してあるのだけ確認済み。
追記
パンフを読んだらお祖母ちゃんの声が、かつての麻上洋子だったと知ってビックリ。
書き忘れたけど、ピンふりさんが自宅で読んでたのがホモ・デウスの原書。すごいぞ。

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未来