『トランジスタにヴィーナス 1~7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)』 竹本泉 KADOKAWA / メディアファクトリー

とりあえず全7巻を読了。
紙の単行本が出たときに読んで以来。
1巻のなかがきには掲載誌情報が書いてないが、2巻が2000年8月号からで、7巻が2004年9月号まで。
おおむね2000年から2004年ということで、最後に読んだのが15年前か。
いやー、漠然と覚えてただけでいろいろ忘れてて新鮮に楽しめた。
竹本泉の他の作品に比べてアクションシーンが多い印象があって、特に4巻でカワウソの教授たちが撃ち合うミサイルの描写が「未来少年コナン」のハイハーバーでの戦闘シーンを彷彿とさせる、シンプルで少ない線ながらしっかりと動きを感じる絵で素晴らしい。さらに宇宙船同士のビーム兵器の交戦シーンやら、なぜこんなにシンプルな絵でこの雰囲気なんだという驚き。
竹本泉はやっぱり面白い。