『サイレント・コア 外伝』 大石英司 同人誌

ご本人のブログのリンクで、昨夏の同人誌が通販で買えることに気づいた。
大石英司の代替空港
http://www.technoya.com/php/techno_search.php3?hSCode=D01865&hPCnt=20&hImgOut=1
36ページで735円かぁ、どうしようかな。と思いつつ、送料をチェックしたら

配送料:550円
代引き手数料:250円

http://www.technoya.com/order.html

え〜と、合計1,535円か。
どうしようかなぁ。


「サイレント・コア」シリーズとの出会いは、10年ほど前に友達が大石英司にはまって、集めたのを貸してくれたから。ぼくの方が友達以上にはまってしまって、結局それを全部譲ってもらい、漏れてるのをチェックして、本屋で手に入らない古いものは古本屋を探して、1年ぐらいかけて全部そろえた。
時期的には『新世紀日米大戦』の4巻〜8巻ぐらいの頃。だから『新世紀日米大戦 4』以降は出たものをほぼリアルタイムで読んでいる。「サイレント・コア」の新刊が出るたびに『新世紀日米大戦』にどうつながっていくのか気になってたりして。


で、この外伝通販になんで今頃気づいたかというと、普段ブログを見に行かないから。
なんでブログを見に行かないかというと、有料メルマガを購読していて、ブログに載ってないこともそこに載ってるから。
日刊 大石英司の代替空港
メールで手元に届くので、普段は昼間Ad[es]で受けて、だいたい昼休みに会社で読んでます。で、帰宅してメイン環境でもう一度読むこともあるけど、なかなかブログにまでは行かない。ブログもRSSで受けてるんで、気になる時にはOutlookRSS記事からその記事に飛んでいく。
そうやって読むとブログの記事から有料メルマガ紹介ページへのリンクがなくて、有料メルマガにブログへのリンクが入ってない件とあわせて文句言ったらちゃんとトップにリンクを置いていると言われちゃった。うちの環境のせいかと思ったら、他の方のコメントで、TOPにはリンクがあるけど、記事を見るとリンクがないそうで。記事しか読んでませんでした。
でもそこにあるリンクが

http://premium.mag2.com/
まぐまぐプレミアム、「大石英司」で検索して下さい。
月額500円、おまけ記事付きの有料版メ−ルマガジソ

大石英司の代替空港

となっていて、直接日刊 大石英司の代替空港へのリンクになってないんですよね。


申し込んで以来見てなかったまぐまぐプレミアムのページだけど、>> 関連WEB の先の内容が古いままだなぁ。「日記がある本チャンのサイトがここ。」と書いてある先が、so-netになってて、そこは昔の日記があったとこだけどいまはココログに移転していて、ブログになってますので。


リンクなどについてのコメントを書いた時に「サボタージュ」ということばを使っちゃって、敵判定されるかも知れないなぁと思ったら、案の定あまり友好的でないコメントが帰ってきました。でもまあ、無視はされなかったわけですが。


最近久しぶりにブログを見に行ったのは、勝間和代さんに触れてたから。
僕がしばらくサボってた外向き日記をはてなで再開したのは勝間さんの本を読んだからなので、コメント欄の様子が知りたかったし、同じ本を売るということについて、小説とビジネス書という違いはあれどねらい通りに本を売ってる勝間さんの活動が、大石さんの参考にならんものかという気持ちもあったんですよ。
有料メルマガの読者数を気にしてる割に、上記の通りの放置状態だし。いろいろやることがあって忙しいだろうけど、最小の作業で最高の効果をねらうならやることに優先順位があり、ブログと有料メルマガの連携と相乗効果、情報発信による広報と集客は最優先でしょう。SPAMトラックバックを削除するよりも優先順位ははるかに高いですよ。


でもまあ、あの先生は人のいうこと聞かないしな。
ダイエットの時も、運動せずにやせるレコーディングダイエットを勧めたコメントに対して、「そんなのあたりまえのこと」と一蹴し、毎日2,3時間ウォーキングに費やして一喜一憂してるし。運動せずにその分の時間を他のことに使えるレコーディングダイエットは、自営業の作家に一番向いてると思うのだけど。


ああ、つい以前思っていながら書かなかったことまで書いてしまった。
これは愚痴だし、勝間さんがいってる追放すべき「三毒」のひとつ。こんなこと書いてちゃいかん。
ちなみに、残りの二毒は「嫉妬」と「怒り」です。
でも、かつての平井和正のようにそういう毒を失って作家としておもしろくなくなってもらっても困るんだよな。


さて、外伝はどうしようか。