『藤子・F・不二雄大全集 パーマン 4』 藤子・F・不二雄 小学館

初出 『小学四年生』1966年12月号〜1968年8月号、『小学五年生』『小学六年生』1967年4月号〜1968年2月号同時掲載、『小学五年生』1968年3月号〜5月号。
届いたのはここ
3巻の時、「ドラえもん」と同じように進級を追いかける形と勘違いしてた。どうりで記憶にない作品が多かったはずだ。
ぼくの学年は、『小学三年生』1966年12月号〜1967年3月号、『小学四年生』1967年4月号〜1968年3月号、『小学五年生』1968年4月号、5月号。つまりこの巻に収録されてる作品の半分ぐらいがぼくの学年の作品なわけだ。さすがに記憶にある話が多かった。こないだはそこまでぼけたかと思ったが、それほどでもなくて一安心。
それにしても、小四12月号でスタートした回は、すでにパーマンになっているという驚きの展開。巻末で、連載2回目でデザインを変えた話が収録されてるけど、今見ても前のデザインより今のデザインの方がいい。大英断だったのだろうけど、この変更は正解でしたね。
これだけの情報があると、今度は発表順に読んでみたくなる。週刊誌と月刊誌のタイミングを合わせるのがちょっと大変だけど、学年誌と少年サンデー、その増刊の掲載作品をリスト化して、推定発売日でソートしてその順番に読む。いいかも。

パーマン 4〔F全集〕 (藤子・F・不二雄大全集)

パーマン 4〔F全集〕 (藤子・F・不二雄大全集)