『欧州開戦 1、2 トム・クランシー ジャック・ライアン・シリーズ』 マーク・グリーニー 田村源二:訳 新潮文庫 新潮社

前回の反省を踏まえて、3月の新刊はチェックしたんだけど、4月の新刊チェックは忘れてた。
したら朝読書メーターから来る新刊通知メールにこれがあった。うわー、油断してた。
ってわけで、昼に職場の近くにある本屋をチェック。
こないだ一度覗いて、その広大な売り場と充実したコミック売り場に感動した本屋だけど、何しろ最近はポケモンGOで歩き回るのに忙しくて昼に本屋をチェックする習慣が消えてた。そもそも余計なものを買う金がないし。というわけで新刊がどういう形で陳列されてるかよくわからない状況で、とりあえず普通に入ってすぐのあたりから文庫の棚に向かって主に新刊っぽい展示をしてある平台と壁を見ていって、新潮文庫の棚の手前の平台をざっと見るが発見できず。棚を見ていくと新潮文庫の棚の端の方が海外文学で、ちゃんとトム・クランシーシリーズが並んでるが、最新刊であるはずのこれがない。平台に戻ってもう一度じっくり見たら、ど真ん中にあった orz
新刊を発売日の昼休みにチェックしてちゃんと平台の真ん中に置いてあるって、ますます使える本屋だという印象が強くなった。

存在をチェックしてあった近所の金券ショップに図書カードを買いに行く選択肢も考えたが、ここはSuicaが使える。
本を買うのにクレジットカードは歯止めがきかなくなるから禁じ手、としていたのはもう昔の話。Amazonで買うのは当然カード払いだし。ただ、店頭でクレジットカードを使うとサインだなんだと面倒なのでよほど高額でないと使わないが、今はクレジットカードから自動チャージするSuicaで払えばクレジットカード払いと実質同じ。ただ、メインで使ってるアニメイトSuicaが使えないのと、金券ショップで安い図書カードを買えばその分安くなるから図書カードを使ってたわけで。月に2万ぐらい本を買ってた頃ならともかく、今の購買量だと図書カードを買う手間の方がデメリット。
というわけで、Suica払い。残高が足りて助かった。

以前なら帰りの電車で着手するところだが、最近は移動中が忙しくて未着手。GW中には読もう。
->1巻読了
->2巻読了

欧州開戦1 (新潮文庫)

欧州開戦1 (新潮文庫)

欧州開戦2 (新潮文庫)

欧州開戦2 (新潮文庫)