『思い出のマーニー』 @朝日ホール

かみさんが当てたので見た。
日曜の14時開場14時半開演。マリオンの11階にある朝日ホール。
13時半頃着いて列に並ぶ。ここって2003年3月に「アストロボーイ 鉄腕アトム」の試写会を見たとこかと思い出す。
予定の10分前ぐらいに入場開始。手荷物検査あり。iPad AiriPod touchでも十分撮影録音は可能なのだが、さすがにそれは取り上げられなかった。
座ったのはN17,18。スクリーンがそんなに大きくないので、もうちょっと前でも良かったかな。
有楽町朝日ホール|ホール|座席表

14時半の時間ぴったりにアナウンスの後、映画泥棒に続いて「思い出のマーニー」。
全体としては米林監督の前作「借りぐらしのアリエッティ」よりずっと良かった。

日テレ系で紹介されてるスポット程度の前知識しかないので、公開情報とネタバレの閾値がわからないから、以下基本ネタバレごめんってことで少し空けます。





ヒロインの杏奈はぜんそくの転地療養で釧路の親戚の家へ。そこで見た入り江の湿地の先にある洋館に見覚えがあり、行ってみると、、、というような導入で、思春期の女の子のデリケートな心と、ある意味がさつな大人たちとがかみ合わなくてイラッとする感じの中で、出会った金髪の少女。通じ合う心。夢か現か。
萩尾望都の「マリーン」とか、そういう作品をちょっと思い出しちゃう。
前半表情がなかった杏奈が、マーニーと出会ってから喜怒哀楽を表現するようになる。解放される心。
杏奈が抱えていたいろんな問題から、最後で解放されていく。
なんか断片的できちんと整理できてないな。
見たその日に書けなくて日を置いたのだけど(これを書いてるのは7/16)、結局やっぱりまとまらないわ。
最後はちょっとウルッとしました。
とりあえず割と好き。