『寄生獣』 @ニッショーホール

かみさんが試写会を当てたのだけど、3回分当たってて、かみさんはすでに1人で見てるので本日会社の帰りに1人で。
ニッショーホール『舞妓はレディ』に続いて2回目。
18時開場18時半開映に対し、現地着が18時25分ぐらい。埋まってるように見えながら、所々にぽつぽつと空席がある。1人なのでどうにでもなる。スクリーンは前の方でも十分距離があったはずなので前の方へ。通路のすぐ前のF列真ん中付近にぽつんと空席があったので、両隣の人に確認して座る。F-14
誤算だったのは二つ前の列の斜め前に異様に座高が高い人がいたことか。見てる間にだんだん頭が下がってきたが。

さて、本編。
寄生獣」は、名前は知ってるが原作を読んだことがなくて、全く白紙の状態。
山崎貴監督作品では『リターナー』以来のSFアクションかな?
面白かったです。ちょっとスプラッタ多めだったけど。

元を知らないので、ネタバレ具合が全くわからないからちょっと空けます。







謎の生命体が人間にとりついて他の人間を捕食し始めるが、主人公の脳に侵入し損ねて右手に居着いてしまった生命体との会話とか、他の生命体達との戦いとか。
一方では謎の生命体を狩る組織が密かに動き始めてる。
これって「デビルマン」か。原作がそうなの?
生命体は身体を自由に変えられて、刃物にして振り回して突き刺し切断する。その描写がなかなか激しいですよ。これR-15?
一山越えて終わるんだけど、来年春公開の完結編へつづく。
どうなっていくのか。
原作読むかなぁ。