iOSのGitクライアント Working Copy と Pythonista3 の組合わせが素晴らしい

iPad Proをポチッとしちゃったので、
a-sue.hatenablog.com
久しぶりにiOS上のプログラミング環境をいじってみようと思って、ちょっと調べてみる。

iOS上でクラウドソフトは一通り動いてるけど、Gitクライアントを何も持ってなかった。
検索すると引っかかったのがこれ。

Working Copy

Working Copy

  • Anders Borum
  • 仕事効率化
  • 無料

無料(アプリ内課金有り)なので、とりあえず入れてみた。
iPod touch でも iPad Airでも同じように使えて画面はちゃんとそれぞれで変わる。
GitHubもBitBucketもSSHのキーを自動で作成してサクッと繋いでくれてクローン作成が出来た。
いや、BitBucketは認証に失敗したんだけど、一旦登録されたキーを削除してやり直したらちゃんとつながった。
最近マイブームのMarkdownのプレビューも出来る。
ちなみにこのブログもずっとはてなダイアリー以来の「はてな記法」で書いてたんだけど、ふと見ると編集の選択肢にMarkdownがあるのに気付いたので今回からMarkdownで書いてる。ってほどの機能は使ってないが。

Pythonista3は、こないだのアップデートでiCloudに対応したんだけど、

a-sue.hatenablog.com

Working Copy とどう繋げばいいかなと思ったら、EXTERNAL FILES という選択肢があった。
f:id:a_sue:20181104115737p:plain
Open...の先のブラウズ画面の編集でクラウド系のアプリが並ぶ中にWorking Copyが出てくるので有効にする。ああ、DropBoxもここで見えるように出来るんだ。
f:id:a_sue:20181104130744p:plain
Working Copyを選ぶとインストールの時のフォルダが見えて、
f:id:a_sue:20181104115740p:plain
画面上の「選択」をタップしてフォルダを選択し、
f:id:a_sue:20181104115744p:plain
開くとEXTERNAL FILESにさっきのフォルダが現れるので、そっからファイルを選んで編集できる。
f:id:a_sue:20181104115752p:plain

これでPythonista3でGitとやりとりしながら編集が出来るようになった。

と、これで終わりかと思ったらWorking Copyの方にも連携機能があった。
起動した画面の左上にある歯車アイコンで設定画面を出すとApp Integrationという項目があって、
f:id:a_sue:20181104115803p:plain
その先の画面にPythonistaの項目があった。
f:id:a_sue:20181104115807p:plain
さっきやった操作について書いてある。
f:id:a_sue:20181104115811p:plain
さらになんかできるようだけど、そこまでまだやってません。
とりあえずこれはすばらしい。

アプリ内課金1,900円でフル機能が使えるようになるんだけど、ここまでの機能に対する対価として1,900円の価値は十分あるので支払い。
iPad Air で支払って、iPod touch の方では Restore previous purchase をタップすると支払い情報が反映された。
f:id:a_sue:20181104133232p:plain
しばらく遊んでみます。