『銀河乞食軍団[3]―銀河の謀略トンネル― (ハヤカワ文庫JA) Kindle版』 野田昌宏 ハヤカワ文庫JA 早川書房

星海企業の女の子たちがいろんな能力を見せる。超能力じゃないよ。
若い女の子のキャピキャピ会話から一転して有能な現場の作業者になったり、それでいて色仕掛けであれこれとか。
当時からちょっと古くさい語り口だったので、今読んでも同じように古くさいだけ。
星海企業はクロパン大王を修理して、軍はより大型の消滅(バニシング)エンジンの実験をしようとしている、というところ。
やめられない止まらないで一気読み。