『北朝鮮急襲(上) (海外文庫)』 トム・クランシー スティーブ・ピチェニック ディック・カウチ ジョージ・ギャルドリシ 伏見威蕃:訳 扶桑社

持ち歩けるのでそれなりで読了。
タイトル通り北朝鮮が事を起こす話。
クランシーはもういないけど、彼が書いてきたスタイルでどのキャラにも人生があるのは引き継がれてる。
北朝鮮、中国、韓国、日本のことを違和感ない程度によく勉強してるなぁ。
下巻も買わないと。