a_sue’s diary

a_sue の日記 はてなブログ版

『LIFE SHIFT2―100年時代の行動戦略 Kindle版』 アンドリュー・スコット リンダ・グラットン 池村千秋 (翻訳) 東洋経済新報社

面白かった。
これまで、教育-仕事-引退の3ステージの人生が普通だと思われていたのが、長寿化に伴いマルチステージに変わっていこうとしていると。
さらにこれまで60歳や65歳の暦年齢で引退し、老後の隠退生活に入るものだと思われていたのが、生物的年齢が若くなって、現在の65歳はまだまだ働けるから、それ以上の年齢でも新しい学びをへて働く世界になるべきであると。
自分自身プログラマとしてまだまだ働けると思ってるし、40代50代の子育ての時期とくらべて生活費もそんなに必要なくなってるから無理な仕事を頑張らなくてもいいとなれば、違った働き方でやっていきたいし、さいわい今やって行けてる。
というような、この本に書いてあることと自分の生活をくらべて、凄く納得した。
老後資金が2000万足りないとかいうのは、あくまでも3ステージでまだまだ元気なのに引退して長い老後をぼんやり過ごそうとしているから。
働き方、学び方を変えて、教育が終わって就職した会社で一生働いて引退するような働き方を変えれば、労働力はまだまだいくらでもあるし、活性化した高齢者が活発な経済活動を行って未来は明るい。
そのために、いろんな社会的発明が必要。
頭にカビの生えた年寄りのおっさんたちに政治をまかせてたら、みんなボロボロになっちゃうよ。